chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

セレナ:テニスの女王がドラマクィーンに見事へんし~ん!?

欧米でも今もってテニスは上流階級のスポーツというイメージが強い。日本でもアキヒト皇太子と美智子さんの軽井沢テニスコートのロマンスで第一次テニスブームが巻き起こった。1958年、高度経済成長の時代だった。しかし、テニスもゴルフも当時の庶民の生活とは全く関係ないスポーツ。このテニスブームはV字ネックのテニスセーターやラケットを小脇に抱えてのテニスルックの大流行で終わった。
しかし果たしてテニスは本当に上品なスポーツなのか?
 
実際問題としてテニスに勝つには、相手がミスするのを待つ、待ちたくなかったら相手にミスをさせる、ということが基本となる。これは正々堂々のスポーツ精神とは程遠い。コート上では姑息に成り切らなければ勝てない、というのが当たり前と見なされているスポーツだ。
日本ではやれ素振りが基本だの、それから打ち返しだのと、今だに事細かな技を重大視しているようだが、結果的にはパワーと頭の回転の仕方が勝ち負けに大きく影響する。
危機に直面する人間は、攻撃か逃走、という二つの一つを選ぶ、と想定される。テニスの試合中には自分のミスの心的インパクトが大きい、と言われている。自分ミスで自信喪失し弱気に襲われると負のスパイラルに突入。それが今回の‟テニスの女王様セレナ”のUSオープン最終戦での暴走となって現れたようだ。
 
事実はセレナ VS ナオミは予想通りの熱戦だった。最初のセットはナオミがとった。そこで、コーチングをした、と突然警告を出されてセレナは即切れ。セレナには2009年のUSオープンでも切れた過去があった。セレナが審判男にかみつくと、このポルトガル人審判は態度が悪いと一点ナオミに追加、セレナが自分の連続ミス後に癇癪を起しウィルソンのラケットをたたき割ると、今度は警告三回だから、一ゲームそっくりナオミにやってしまった。セレナにとっては物凄い悪運。これでセレナは次のゲームを失えばナオミの勝ちというところまで追い詰められた。常識的には死刑宣告だが、常識が通らないのもこの世界。結果的に最後となってしまったゲームの最中にも会場のブーイングをBGMにセレナはこの審判男をゲーム泥棒だと大声をあげて泣き出すというありさま。まさにテニスクィーンからドラマクィーンにへんし~ん!大荒れに荒れた。最後の最後は試合をギヴアップ。
 
さすがにこの‟ドラマクィーン”セレナの暴走は多くの批判を浴びた。しかし、驚くべきことは、過去のテニススター達やその他の絶対多数がセレナは間違ってないと言っていることだ。
 
試合でのコーチングサインはプロコーチは皆していることであり、それがことさら警告となるも稀。それがどうしてあのタイミング、つまり苦戦中のセレナに課せられたのかという批判。
セレナの言動、審判を泥棒と呼んだ、は警告に値しない。男性プレイヤーはもっとひどい罵声を浴びせるのが常でセレナはそういった罵声は一言も発してない、だから女性プレイヤーに対する差別だという批判。
ゲームそのものをナオミに加算するのはやり過ぎという批判
セレナにはすでに罰金1700万が課せられているのだから。
 
セレナの暴走が起こらなかったら、おそらくナオミが完勝した可能性も強いことから、このセレナ騒動の第一の被害者はナオミだ、というのが誰もの一致した意見となった。 というのはナオミは表彰式でもブーイングが起こり、悪いことをしたのが見つかった時の子供のように怯えて泣き出し、勝ってすみません、とお詫びの言葉をポツン!? これが皆の同情をかった。
 
ところがその後に続くインタビューでは、ナオミの発言が異様に子供っぽいのだ。ナオミは見た目は20歳でも精神年齢12歳、とか口をもごもごさせて何を言っていつのがはっきりしないので、彼女は天然の腹話術師だ、とかいうコメントが多く出ていた。しかしながら、彼女のテニスは素晴らしい、と。
ナオミのプレイ・パターンをYouTubeの動画で見てもらいたかったのだが、USオープンの勝利後消去されてしまった、残念です。
動画では、彼女が一つ一つ確実に打ち返しながら、タイミングよく攻撃しているのがわかる。難を言えば時間をかけ過ぎるという点だろうか。彼女は今20歳というピーク時。これを過ぎるとパワーが落ちていく。私はこの動画を見ながらなぜかあのテニスの天才少年ことマイケルチャンを思い出してしまうのだ。チャンは現在錦織選手のコーチをしている。
これから彼女のテニスは徹底的にターゲットになるだろうが、とにかく『ナオミの時代』の到来だ。ぜひ末永く頑張ってほしい。
 
下のはセレナの風刺画だが、女性差別という非難が世界で巻き起こっている。金髪の白人がナオミ。コートに転がっているのはベビーのおしゃぶり。実はセレナは去年出産したのだが、難産だったようだ。今年カムバック果たし、言わば女性の輝ける星。この風刺画では、セレナのドラマクィーンぶりに辟易した審判が金髪少女のナオミを呼び、もういい加減にしてセレナを勝たせてやれ、と説教してしいる。私には女性差別だとは思えないのだが・・・。
 
 
下は表彰式で怯えるナオミの肩を支えるセレナ
 
Image result for US open 2018 serenaImage result for serena's catwoman outfit
 
上は今年のフレンチオープンでのセレナのキャトウーマン・スーツ。
このテニスドレスはエレガンスに欠けるという理由から今後フレンチオープンでは禁止された。
女性プレイヤーは男性を喜ばせるためにあの、太ももむき出しパンティチラチラ、の超ミニを強制されなければならないのか!?
 

プライムリブ:アメリカの空極の肉料理がファーストフードとなった

f:id:chuka123:20180905191417j:plain

ステーキ、バーガー、は肉好きアメリカ人の国民食。しかし何といっても空極の肉料理はプライム・リブだろう。 ビーフで最高にうまい部分、あばら骨に囲まれた肉塊を長時間ロースト。当然値段も高いので頻繁にどころかめったと食べられないのが現状だが、このプライムリブがファーストフードにやってきた。
ボストンマーケットというロティサリーチキン・チェーンが試験的にはじめた。
値段は$15.99(=¥1650) + 州税。 付け合わせにはコーンブレッドと2種類が選べるので私はクリームドスピナッチとベジタブル・スタッフイング(もとは砕いたコーンブレッドと野菜をローストチキンの腹に詰めて長時間ローストしたもの)。
ソースはさらりとしたビーフジュースとホースラディッシュ。ホースラディッシュは日本のワサビのようにツンと鼻に来る。
味はOK。この値段だからあまり文句も言えまい。普段ステーキハウスでオーダーすれば付け合わせと一緒で最低$40はかかる。ここは米国の中部だから肉類が安いところ。ネットで見ると日本の高級レストランではそれ以上の値段だった。
 
白い肉の脂はもちろん食べないで切り捨てる。これはフレーバーを増すためについている。
このプライムリブはイギリス名物のローストビーフとどう違う?という疑問も湧いてくる。ローストビーフの方はこちらでは立食パーティーによく出てくる。これも大きなローストされた肉塊がドンと銀皿に乗ってでてきて、傍のウェイターが一人一人に切り分けてくれる。薄切りが特徴だが、プライムリブは厚切りが特徴。肉も全般的にプライムリブの方が柔らかい。
しかしローストビーフもプライムリブも、ホームクッキングは絶対避けた方がよい、というのが私のアドバイス。
その第一は材料の牛のあばら肉の塊がきわめて高価であること、第二はローストの手加減が素人にはうまくできない、ということで成功したためしがない。
結局喜ぶのはわが家の犬様。

『クレージーリッチ!』:ハリウッド製中国映画!?

Image result for crazy rich asians movie
 
英語のオリジナル・タイトル、‟Crazy Rich Asians” が『クレージーリッチ!』に変えられた!なぜ『アジアン』がカットされたのか?ナゾです。
レイチェル・チューとニック・ヤングはNY在住のアラサーの中国系インテリカップル。レイチェルはNYで経済学の大学教授をしている。彼女の専門はゲーム・セオリー。つまりポーカーやブリッジなどのカード・ゲームの勝ち方の研究。相手のニックは同僚の大学教授。二人は物価高のNYで一年以上もデートを続け地味だが満ち足りた日々を過ごしていた。
 
ところが親友の結婚式があるのでニックは故郷のシンガポールにレイチェルを連れ帰り、正式に家族に紹介したい、と言い出したところから、ストーリーはスタート。
レイチェルはタイガーママ(= 中国版教育ママ) に育てられ、博士号という最高学歴を成就した典型的な中国系インテリのステレオタイプ。一方のニックは、それまで隠してきたのだが実は、シンガポールを拠点とする華僑コングロマリットの御曹司。これも韓ドラや中ドラでお馴染みの、イケメン主人公は「財閥息子」、というステレオタイプの忠実な踏襲。そしてお決まりの‟コワーいお母さん”が登場し、愛息子の結婚妨害に出るというアジアドラマの定本ストーリー。
 
この映画でもニックの母はレイチェルと二人きりになったタイミングを捉まえ、あんたは息子の嫁にはふさわしくない、と宣戦布告。鬼になった彼女の顔のコワいこと!
しかしレイチェルはバナナ、皮は黄色だが中身は白いアメリカ人。
 
>ニックの母は私とチキンゲームをするつもりよ。私がチキンで、近寄れば私が臆病なチキンのようにパタパタ逃げ回ると思ってるのよ。
ラッパーのオークワフィーナが演じるシンガポールで再会したレイチェルの大学時代のルームメイトは
>逃げ回ってばかりいないで、立ち上がらなくちゃダメ!
と、全くC調な返事
>そうよね、『パックパック(とチキンの鳴き声をまね)、ビッチ!(Bitch! You die!=死ね!)』と言い返してやるわ!
> それはちょっとやり過ぎじゃない?
 
という、上の2人の軽妙なやり取りは上のトレイラーにも入っているのだが、日本語字幕ではフィルターリングされてスッポリ抜け落ちている。まさかこの映画全体がこの調子とは思いたくないのだが。
 
日本公開は来月の中頃なので、ストーリーにはこれ以上深くつっこまないことにするが、この映画のクライマックスは、レイチェルがニックの鬼母とマージャンで勝負するシーンだと思う。そこでレイチェルは鬼母に最期の捨て台詞を投げつける。それは米文化の価値観=個人の幸せの追求、と華僑アジア文化の価値観のクラッシュのように思える。彼女のこの言葉を聞くためにこの映画はあるようなもの、というのが拙者の感想。
 
しかしこの映画は公開前から、いろいろ物議をかもし出している。
主人公のイケメン御曹司を演じているのはマレーシアのTVショー・ホストで英国系マレーシア人のヘンリー・ゴールディング。つまりハーフで、中国系とは程遠い。原作となった小説ではニック・ヤングはオックスフォードで学位を得たことになっているので、特にブリティッシュを話す紳士的イメージのアジア系が必要だったようだ。彼は新婚旅行中に突然監督から電話され、人生一度のチャンス到来というので新婚旅行はそっちのけでオーデションに応じたそうだ。
そうすると、女主人公の方はどうしても中国系にならざるを得ない。だから主役志望の韓国系女優から、主人公は中国系でなければならないのか、という苦情がツィートされて炎上。
そして上映されれば地元シンガポールの華僑英語であるシングリッシュが話されていない、とか、シンガポールのインド系は当地の支配階級の中国系の召使役か、とか予想もしなかった批判がいろいろ出てきた。
 
とにかく大金を使っただけあって映画シーンのかなりの部分が豪華なパーティーと中国料理の見せ場となっている。だからストーリーはさておき見た後も決して損した気分にはならないはずだ。
実は原作小説は3部作で、米でのヒットで続編がすでに予定されたとか。先が楽しみだ。

いざ、映画館へ

今日、話題になっている“Crazy Rich Asians” (= 邦画名『クレージー・リッチ!』)を見に近くの映画シアターに。サバーバン・モールのある商業地区の一角を占めていて車で15分くらいのところにあった。私は都市の住民だが、街路には映画館はない。とっくの昔にみな閉館してしまっている。拙宅の近くにはそういう映画館の残骸が3軒も残っている。だから映画館で映画を楽しみたければ私たち大都市の住民は車で高速に乗って郊外に出て行くしかないのだ。
チケットは巨大なビルの外の売り場で買う。昔子供ずれでよく行ったアミューズメント・パークみたいだ。全席指定である。内部はだだっ広く下のフォトのようにお客はまだいなかった。この映画館のシアター数は30だそうだ。私たちは#30へ。
 
 
 
 
席はすべてリクライニングで飛行機の席のように各席にトレイが付いている。従業員が注文を取りに来たので、まずコークとポップコーン・バケットをオーダー。
コークはグラス入り。塩カップがついてきた。
 
 
 
ついでにチキン・テンダー(チキンブレストのフライ)をオーダー。 
フレンチフライ、コールスロー、ミニ・ビスケット付き
ソースはランチとマスタード。
布製のナプキンを手渡されて驚ろいたのはこちらの方。
味は悪くなかった。かって
映画館の代表的フードはホットドッグにナチョスと呼んでいるコーンチップス&チーズソースであったことを思い出せばもの凄い変わり様ではないか。
メニューによればマルガリータなどの飲酒も可とのこと。
かって十数年前はこの地域はドライ・カウンティ(酒セールス規制地域›であり、レストランでも酒は飲めなかったことを考えれば雲泥の差だ。
下のがチキン・テンダーのプレート
$14ぐらい。
 
 
 
 
値段だが、チケットが一人$7・5、州税込み。
 コークなどの飲食費は$40(チップも含めて)
結局二人で$56=6100円かかりました。
スクリーンも大きく、モーニングショーだから客もいなくてガラガラ。
映画館に飛行機のファーストクラスがやってきたような感じ。
ただし、ドリンクは蓋つきのディスポーザブルカップの方が便利だ。リクライニングではこぼれてしまう。
もともと、こういうディスポーザブルカップやプレートはアメリカの映画館文化から出てきたものなのだ。
映画の値段は1980年代に比べてあまり高くなっていないことに注目。しかし給料は凄くあがった。当時年収1000万は私のオフィスの社長の給料だったのだが、今日ではITの初任給になってしまった。
私たちの席のすぐ近くに陣取った女性客グループは、水をオーダーしただけ。従業員は文句も言わずアイス&ウォーターのグラスを彼女らに運んできた。
映画館を楽しむ方法は人によって違うようだ。
 
 
映画『クレージー・リッチ』のレヴューは次に続きます

オークワフィーナ・AWKWAFINA:My Vag

アジア系は今 - chuka's diary

アジア系女性ラッパー、知る人ぞ知るあの‟Awkwafina” (オークワフィーナ) がこの夏突如有名になった。最近では米TVのトークショーに引っ張りだこ。というのは、彼女はこの8月に封切られた映画、『クレージー・リッチ』に出演したからだ。この映画、シンガポールの華僑の大金持ちの御曹司とNYで働く中国系女性のロマンスをテーマとしたものだが、オール・アジアンのキャストでボックスオフィス大ヒットとなった。アジアドラマの英語圏での隆盛ぶりからすれば、来るものが来た、といったところ。今やハリウッドも柳の下のドジョウならぬアジアンマネーを狙って大当たり!
 
私はオークワフィーナの大ファン。
彼女の最初のヒット、‟MY VAG ”のVAG ヴァジャイナの略語ヴァジ。つまり女性の性器(膣口))のことだ。このラップ、2012年にyoutubeで大拡散、おかげで職場をクビになったそうだ。しかし彼女をラッパーとして一躍有名にした。ウィキではオークワフィーナだが、実際はアクワフィーナが近い。まぁそんなことはどうでもいいから気にしない。
彼女は韓国と中国系のハーフ。育っていく過程で、アジアン・ステレオタイプに対してのイシューがあった、とインタビューで述べていた。
可愛い顔ながら、一旦口を開けば、出てくるのは穢ことばの連発。 歌詞中の‟MA VAG”は自分ので、‟YO VAG”はあんたの、つまり‟ビッチ”のVAGを指している。私のVAGは一流だが、あんたのはサイテーというのだから、歌詞にはヘイトがいっぱい。彼女のルーツはNY,NJらしく、そこにちなんだ名、トニーダンザやゴッドファーザーが出ている。
 
 
 
Image result for my vag lyrics
 
 

My vag like a operatic ballad=オペラのバラード
Yo vag like Grandpa's cabbage=婆さんのキャベツ
And my vag effortless=スムース
Yo vag post ads on Craig's List = 中古品売買サイト

My vag squirt aloe vera=アロエ化粧水

Yo vag look like Tony Danza=トニーダンザ、昔のイケメン、今皺だらけ
My vag like tasting heaven
Yo vag manages a 7 11=7-11コンビニ
Yo my vag make ya girl panties creme
Yo vag spreads hepetitis C=C型肝炎
And my vag a chrome Range Rover
Yo vag hatchback, '81 Toyota=81年型トヨタハッチバック、ポンコツ車

Yo my vag Harvard Law School=ハーバード大学法律学校
Yo vag Apex Technical=Apex職業訓練所、NJ
My vag speak five different languages
And told yo vag bitch make me a sandwich
Yo my vag feel like winning the lottery
Yo shit got turned down from eHarmony
My vag won best vag
Yo vag won best supporting vag

[Hook: Awkwafina]
It's time that we let the world know 世界に知らせる時が来た
Bitch ya vag look like Janet Reno ビッチ、あんたのはジャネット・レノ(クリントン政権の法務大臣)
Awkwafina's a genius オークワフィーナは天才
And her vagina is 50 times better than a penis 彼女のヴァジャイナはチンxxより50倍もいい
It's time that we let the world know
Bitch ya vag look like Janet Reno
Awkwafina's a genius
And her vagina is 50 times better than a penis

 


[Verse 2: Awkwafina]
Yo my vag got built-in utilities 私のは体内にピッタリ装備
Yo fat ass is on disability あんたのようなぶっといケツは身体障害者
My vag a Beyonce weave 私のはビヨンセのヘアカール
Yo vag a polyester K Mart hairpiece
 あんたのはKマートの化学繊維の偽毛
My vag bounce like J-Lo's booty 私のはJ.ローのおケツ
Yo vag like James Lipton's booty
 あんたのは老俳優のおケツ
And my vag it's ornamental 
Ya vag is a 5 hour PBS special
Yo my vag feed the homeless
Yo vag date the homeless
My vag made the Dean's List 私のは優等生リスト
Yo vag couldn't pass a HIV test あんたのはHIVテストに不合格

[Verse 3: Awkwafina]
Yo my vag is Godfather 1=ゴッドファーザー1は大ヒット
And yo vag is Godfather 3
=ゴッドファーザー3は失敗作
And my vag got a big ass gun
Ya vag is like pineapple cottage cheese
Yo my vag got 12 inch gold wheels
And yo vag got bird poop on the windshield=フロントウィンドウの鳥の糞
My vag beats yo vag by a million
Yo vag is frightening like Serena Williams

 
 
 
Image result for vagina

 

ミスターサンシャイン:韓国歴史ドラマは親日ドラマ!?

あなたはどのくらいアジアを知っているか?
 
Image result for mr. sunshine kdrama
 
 韓ドラの『ミスター・サンシャイン』については日本で度々ニュースになっていることもあって知っている人も多いだろう。そのニュースというのは、日韓併合前の日本が好意的に扱われ過ぎている、という苦情が韓国のブルーハウス・サイトに請願され、今日まで3万人近くの賛同署名が集まっているということだ。そのせいでこのドラマで日本サイドの黒龍会リーダーとなっているクドンメ役の内容が一部変更され、黒龍会は右翼団体から金目当ての日本のやくざ組織に変えられた。
 
朝鮮王国支配が酷すぎる上、半島の住民は無知で野蛮、だから日本に救いを求めるのは当然の成り行きと、いった印象を与えるのがこのドラマの最初のエピソードだ。日本の嫌韓ネトウヨなら泣いて喜ぶことは間違いない。
 
この『ミスター・サンシャイン』は映画、ドラマの国際的ネット配信会社、ネトフリックスとタイアップし、世界で同日配信、という鳴り物入りの韓国歴史ドラマ。
 
大金をつぎこみ、国際的大ヒットの『太陽の末裔達』のライターを採用、韓国きっての大スター、イビョンホンが主役の米海兵隊将校を演じている。しかし最初からケチがついた。まずはイビョンホンの女性問題。2014年に起こったことだし何といっても個人的な問題だが、イビョンホンは当時この事件で一時的にせよ芸能界から干された。
第二は年の差。相手役の女優と20歳の差だ。これでは恋人ではなく父娘関係だとイヤミを言われた。
しかし、やはり彼は大スター。ドラマが始まると年の差問題は軽く吹っ飛んだ。とにかく二人の間のケミストリーがすごいと大うけだ。
セットに大金をかけただけあってシーンが素晴らしい。登場人物に扮する俳優も非常にうまい。だが弱点はストーリー、という英語圏からの感想が多い。私も同意見。このドラマのストーリーにはかなりの無理がある。
 
主な登場人物
 
ユージン・チョイ: 主役の米国海兵隊少佐。もちろんイビョンホンが演じている。9歳で密航、米スペイン戦争に従軍し大昇進、ルーズベルト大統領から朝鮮王国のソウル米領事館に派遣。第一の任務は日本のスパイとなったある米外交官の始末!? 30年ぶりに半島に帰るのだが、心は全くアメリカ人。
 
エシナ:両班の令嬢、拳銃使い。テロリスト正義グループ!?に属していて国の裏切り者を拳銃で暗殺。ユージンと同時に米外交官を狙い彼を暗殺したことから、二人の運命は交差。彼女には従兄の婚約者がいる。この男は典型的な両班のバカ息子で、日本に遊学して10年経ってやっと帰国。おかげでエシナは28歳になってもいまだに未婚のいかず後家。もちろんエシナは拒否。それでもこの従兄は彼女との結婚に何となく甘い希望を抱いている。
 
キドンメ:  首都ソウルの黒龍会リーダー!?。半島の部落民出身。日本にわたり頭の良さを認められ汎アジア右翼団体にリクルートされた。実はエシナには日本に渡る前に命を助けられ、彼女のことが忘れられない。上のフォトでもおわかりのように、明治の終わり頃でもちょん髷に羽織袴姿でことあるごとに日本刀をふりかざす、といった具合で面白い
 
ドラマは上の三角関係、時々、エシナの婚約者を交えての四角関係で進行していく。その他に日本サイドからは歴史上の人物伊藤博文や、サイコ日本兵のつじ軍曹などが登場したりして面白い。日本語もふんだんに使われている。
意外な事に、このドラマでただ今人気大上昇中なのは、日本サイドのバッドボーイことキドンメ。ファンのコメントにもキドンメを応援、というのが増えている。これではキドンメを演じている若手イケメン俳優の人気がイビョンホンを抜きそうだ。これはセカンドリード・シンドロームの典型。大ヒットしたドラマにはセカンドリード・シンドローム、つまり主役が恋の競争相手を演じる俳優に食われてしまうという現象、がつきもの。これは『ミスター・サンシャイン』にとってはグッドニュースだが、韓国は植民地化の犠牲者、としてしか歴史を見ようとしないナショナリストにとってはバッドニュース。もともと、イビョンホンをうまい若手と競争させるというリスクをとってしまったことに原因があって、歴史とはあまり関係ないんじゃないか、と私は思う。。
 
ところでオバマ君のホワイトハウスサイトの請願が韓国の左翼政権でそのままコピーキャット!?これも本当に驚きモモノキ。ここで書いていいのかどうか、迷ってしまうのだが、このドラマの最大の虚構は海兵隊についてである。海兵隊で非白人が戦闘に参加したのは太平洋戦争後だった。最初のアジア系海兵隊将校は中国系で日本語通訳が任務だった。