chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

安倍晋三のNYタイムス寄稿:私はUSを強固にサポート

安倍晋三の名でNYタイムスに掲載されたオピニオンだが、もちろん安倍自身が書いたわけないのだろうが、これに対してコメント数212という反応があった。コメンテーターの中には日本人もいた。しかし日本ではぜんぜんトピックになっていない。
英語は中学生程度。これ、米のローカル新聞のスタンダードでもある。ぜひ、年金暮らしの暇人は読んでみてください。
安倍政権の『米のポチになって後ろ盾を確保、返し手で中韓敵視を展開外交』は日本に害をもたらした、というのがこの政権に対する歴史的評価だろうと思っているが、このオピニオンでは、彼の日本は北朝鮮の一方的被害者となっている。元祖極東の🐺オオカミ老年(総理となって老化が激進)の面目躍如!
 
 
 
Shinzo Abe: Solidarity Against the North Korean Threat
❝北朝鮮の脅威に対し連帯を❞
by Shinzo Abe Sept.17. 2017    NY Times
 
 


以下はほんの抜粋。
They are an important step, but the leadership in Pyongyang has consistently ignored previous resolutions. The international community must stay united and enforce the sanctions.
過去に約束を破り続けた北朝鮮には制裁あるのみ
 
North Korea has targeted Japan in particular by abducting many innocent Japanese citizens, including a 13-year-old girl who was abducted in 1977. Most of them have been held in North Korea since the 1970s and 1980s.
北朝鮮は70年から80年代に日本を拉致のターゲットに。多くの一般市民が拉致され、その中の一人は13歳の少女だった。
 
 
How could North Korea relentlessly pursue missile development and nuclear tests over almost half a century? How could North Korea, under successive United Nations sanctions for a decade, acquire enormous resources to obtain crude materials, components and powerful engines? Statistics show that there are countries, mainly in Asia, that continue trading with North Korea; and for some, as recently as in 2016, their trade even exceeded that of the previous year. According to the United Nations, foreign-made parts have been used in North Korea’s ballistic missiles. There are countries buying products and services from North Korea or accepting its workers. Front companies established in Asia enable North Korea access to foreign currencies.
上文では、北朝鮮を支援している中国、ロシアを名を上げないまま非難。ああ、小国の悲哀!
 
 
 
North Korea poses a serious threat and challenge to our world, and its actions flout the international nonproliferation regime. As swiftly as possible, we must make North Korea end its provocations, abandon its nuclear and ballistic missile development, and return the abductees in North Korea to their homes.
北朝鮮は核兵器と弾頭ミサイルの開発をやめろ、拉致被害者を母国に帰せ。
 
Japan has responded by reaffirming the ironclad Japan-United States alliance, and Japan has coordinated in lock step with the United States and South Korea. I firmly support the United States position that all options are on the table.
日本は米と韓国としっかりと歩調を合わせてやってきた(ホンマかいな?)
最後は、USを強固に支持する、などと忠誠の誓いで結んでいる。独立国のトップがこんなこというか?
 
米人のコメントには、行き過ぎなのでは、というのがいくつかあった。
拙者は現役で働いていますが、212のコメントを全部読みました。ああ、疲れた。
 

日韓フリーハグズ

Image result for フリーハグ

 
YOUTUBEをサーフインしていると見つかったのが、この動画。これらは、フリーハグ・ムーヴメント(=Free Hug Movement)と呼ばれている新しい❓街頭アトラクション。
 
もともと ハグ=hug というのは挨拶の時互いに軽く抱き合うことなのだが、これをもっと延長して街頭でできるだけ多くの見ず知らずの人と挨拶のハグをしよう、というのがこのフリー・ハグズであるようだ。 もちろんハグするからには相手は友達ってことだ。
 
誰だって人生の中で必ず一度や二度は誰かにハグして欲しい、という落ち込んだ時があるはずだ。
 
このフリーハグズはYOUTUBEを通じて大きな反響を呼び起こしているそうだ。
それは、日本人の若者が韓国で、韓国人の若者が日本で、これをしたのが理由だ。
 
下のはその動画サイト
 
 
下のは韓国女性が日本でフリーハグズ
 
とにかくハグする人達の笑顔が素晴らしい。

人災ハリケーン・ハーヴィー

天災ハリケーンは数年、いや十数年に一度は必ずやってくる。拙者でもハリケーンに直接遭遇したことがある。
 
それでも金持ちは従来はスワンプと呼ばれる低湿地帯に高価な家を建て、被害を受けるのだが、この人達は保険をかけているからまだいい。今回のヒューストンは不法移民のメッカ、こうなると貧乏人はひたすら逃げるだけ。
拙者の知人には、親戚多数が避難してきてアパートは足の踏み場もない、という人がいる。大変に気の毒だと同情したのもつかのま、今度は災難がこちらに降りかかってきた。
 
それは先週木曜日の夜、お節介焼きのセクレタリーが職場に電話をかけてきて、ガソリンが無くなる、と警告したことからはじまった。
たしかに、ヒューストンの精油施設は操業停止であるが、まさか?
とにかく職場は大騒ぎ、皆がランチブレイクをとって車を満タンにしてきた。拙者は半タンだから行かなかった、しかし職場の同僚からはかなり批判的な視線が。
明らかにこのガソリンパニックが原因で市のガソリンスタンドはガス欠状態に。日曜日過ぎまでガスはないとのこと。拙娘夫妻からも、家から出ないようにキツイお達し。なお拙娘夫妻はムコ殿のトラックもすべて満タンにしてきたとのこと。
下の写真では、多くの人がガソリンコンテイナーに余分なガソリンを買い込んでいる。
 
Image result for gas shortage DFW
で、問題はその下、この男が給油しているのは、大型のトラッシュカン、収集日にゴミを出す容器で大型ドラム缶並の許容量。この人の他にも、スパークレットウォーターの大型ビンにつめる人、とか、いろいろフォトがでまわっている。

Image result for gas shortage 2017
 
ガソリン不足は、皆が一斉にガソリンスタンドに押しかけたのが原因で、ハーヴィーのせいではないのだ。

狂気の米大統領

❝No one should be judged by the color of their skin,
but the content of their character”
『人は誰もスキンカラーによって判断されるべきではない、しかしその人の性格によって判断されるべきだ』、というのは1964年のワシントン大行進を率いたキング師の有名な演説の一節。
これが最もよく当てはまるのは、言わずと知れた我らが人間の屑大統領トランプ。
 
8月12日のシャーロットビル事件から8月22日のアリゾナ州フェニックス市でのトランプ・サポート大集会で、米国市民のトランプを見る目は大きく変わった、いや、トランプ自身が変わったのだ。この男、自分のエゴを仮面の下に隠すことをあきらめた、といった方が図星だろう。
 
 
Image result for trump cartoon charlottesville va
 
米国は1965年の公民権法制定以来、人種及びジェンダー差別の撤廃を目指してきた。単に法を制定するだけではなく、アファーマティヴ・アクションにより、有名校や官公庁の強制的人種多様化を実施してきた。ネオ・ナチやKKKなどの非白人蔑視を目的とする団体は、反ヘイト法によって厳しく規制してきたのだが、それが今回の大統領トランプの発言でまったく怪しくなってきたのだ。
 
トランプの指摘するところの種差別を掲げる素晴らしい人は一人もいない!
これが米国市民の常識である。 
 
狂気の米大統領というのは、私の勝手なレッテル貼りではない、昨日8月22日の夜アリゾナ州フェニックス市でのトランプサポート・ラリー(=支援大集会)での彼の演説を聞いた政治家やマスコミ関係者、そして何よりも大多数の米国市民の率直な感想である。もちろんこれは彼が最初の狂気の大統領でもない。ウォーターゲート事件発覚後のニクソンも狂気の大統領と呼ばれた。ニクソンの時のように、マスコミでは、いつまで続くかトランプ政権というわけで、その日時を予測する著名人も現れ始めた。
トランプが任期途上で辞めるか辞めさせられるかという非常事態になることは、多くのアメリカ人が望んでいることでもある。
 
トランプ大統領が次々と出してくるの新政策は、すべて pay back time =やられたからやり返す、であり、底に悪意を感じているのは、私だけではない。
確かに、二大政党という、全く方向の違う政党が政権交代を繰り返すのは、一政党のやり過ぎを是正するという働きがあり、米国民に広く支持されているが、トランプのように反対派に報復というのは、明らかに正気の線を越えている。
 
Image result for trump cartoon charlottesville va
 
上のは撤去される南軍民兵の像である。リー将軍の子孫も、内戦時の南部連合大統領デービスの子孫も、揃って銅像撤去に賛成している。
 
なおトランプは、8月25日には、アリゾナ州のレイシスト保安官として悪名高いアーパイオ氏に大統領恩赦を与えた。全くの独断である。
この元保安官は85才という高齢だが、この7月に、差別をやめろという連邦検察局の勧告を無視し、メキシコ系を差別し続けたあげく、法廷で自分のクビを救うためにウソの証言をした、というので、法廷侮辱で有罪となったばかりだ。が、本人には全く反省の気配はない。自らの違法行為を全く反省しない、元警察官に恩赦を超特急で与えるとは、法治国家の大統領のするべきことではない。やられたら、やり返すという、この大統領のオツムの構造は、誰かにそっくり。
そうだ、あの、北の豚将軍様。

差別は続くよ いつまでも:トランプ大失速


CDP 0812 rally154.JPG

 
上は、バージニア州シャーロッツビル市の公園にある、『リー将軍』の像。彼は南北戦争(米ではCivil War=内戦)時の南軍総司令官。バージニア州で生まれ育った。初代大統領ワシントンの縁戚にあたる。この人の像が市議会で除去されることに決まったのはつい最近のこと。
 
リー将軍は、奴隷制には反対だが、祖国バージニアに従って南軍で戦う、と言ったそうだが、そんなのは屁理屈。
バージニアのあちこちでよく見かける南軍兵士やリー将軍の像には奴隷マスターという特権を奪われた地元白人達の恨みと、セグリゲーション=白人優位は絶対に止めないという決意がしっかりとこもっている。
ジム・クロー(=英語版カラスの勘三郎)という皮肉をこめて呼ばれた黒人を差別し、貧困から這い上がれないような条例を制定し、それでも立ち上がろうとする黒人はKKKがリンチで面倒を見るという、全く非人道的なやり方で黒人を押さえつけてきた。これが南部であり、かっての南アフリカと全くのいい勝負。
‟ Separate but Equal”という米国流アパルトヘイトは、南北戦争終結100年目の1964年の公民権法の成立まで続いたのだ。
黒人専用のトイレや水飲み場、黒人お断りのサイン、黒人学校に黒人ホスピタルなどはもう跡形もなく消え失せてしまったが、なぜかこれらの像(奴隷マスター)は2017年の今日まで残されている。
今回のリー将軍像の撤去に反対するラリー(大集会)が白人至上主義者によってネットを通してオーガナイズされたのだが、そこには予想以上の多くのその手のグループが参加することになってしまった。その中には暴力的なネオナチ・グループがいたことから、これもネットで、カウンターアタックがオーガナイズされ、事態は急速にエスカレート。
8月11日の夜、のシャーロットビルに集結したネオナチ・KKKは例の、2017年版たいまつ行列をおこなった。それが下の写真。
 
 
‟Jews will not replace us”=ユダヤなんかには絶対に引き下がるものか(これ拙者の意訳)
 
これがネオナチの叫びだったそうだが、なんじゃこれ?リー将軍の像とのつながりがまったく見えない!のは拙者だけか?
しかし、声はともかく、上の写真はネットで大拡散、おかげで写真の参加者の身元がばれるというはめに。右側の白人は仕事をクビに。
真ん中の人は大学生だがもうその大学へ戻れないことは保障してもいい。その他に、親がTVに登場し、息子への勘当宣言をしたというのも。
これはKKKの白頭巾をかぶらなかったせいで自業自得。
それから、このラリーはチキトーチ・ラリーと呼ばれることに。
参加者が手にしているトーチはチキトーチという竹製なのだが、これ、夜のバーベキューパーティーにとても重宝。拙者も使いました。
下はチキトーチの売り場に早速出されたサインが下。
 
 
‟これらのチキトーチを人種差別のクソ***に使うのはどうかやめていただきたい、ケツの穴(=阿呆バカ)のナチの皆さん”
 
ところでついに犠牲者が出た惨事が起こったのは翌12日の土曜日。ネオナチと反対派のはでな街頭闘争でマケソーになり、焦ったネオナチメンバーが、群衆に車で突っ込んだ。この容疑者は以前から精神疾患を抱えていた、と報道された。
この事件でババ抜きのババを引いたのは明らかにトランプだ。只今彼は大失速中。もう北朝鮮どころの騒ぎではないようだ。
 
追記:リー将軍の研究家によれば、リー将軍は彼や南部民兵の像が雨後のタケノコのごとく故郷バージニアのあちこちに建てられることに反対していた。南部連邦旗をかかげることにも反対だったそうだ。旧南部のシンボルである像や旗は、病弊した南部復興の妨げになる、というのが理由。彼が指揮した戦闘もできることなら忘れて欲しかったようだ。

吉田清治の親不孝息子

日本人の謝罪碑

あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて
強制労働の屈辱と苦難の中で家族を想い望郷の念も空しく
貴い命をうばわれました
私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として
人道に反したその行為と精神を深く反省して
謹んであなたに謝罪いたします
高齢の私は死後もあなたの霊の前に拝跪して
あなたの許しを請い続けます  合掌
 
1983年12月15
元労務報国会徴用部長
吉田清治
 
上のは、今回、親不孝息子(=産経に利用された?)によってカバーされてしまった謝罪碑の原文。
この文のどこが問題なのか?まとも過ぎるくらいまとも。植民地及び占領地住民を強制労働に従事させることは人権問題である。まして、日本内地の鉱山やダムでの中国、韓国労務者、あるいは日本軍の現地徴用労務者の残虐な取り扱いについてはもうよく知られている。
これ、本来は日本政府の韓国に対する謝罪文となるべきだ。この謝罪がない限り、韓国(半島)及び中国及び他のアジア被害国との軋轢は続く。
 
親の罪は子が贖うべきではない、というのが私の信条。
 

吉田清治の‟ His Little White Lie”

Image result for 吉田 清治
 
『父の謝罪碑を撤去します、慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』
という本当にクソ長い題名の本の抜粋がサンケイに掲載されていた。もちろんこの本はサンケイ出版社から。
これ、数日前にサンケイの花形記事だった。時は奇しくも日本の誇るアベ・ステロイド総理が共謀罪を国会でごり押ししている最中、とても偶然の一致とは思えない。
 
***ステロイドとは、彼のような慢性腸炎を抑制する為に大量投与されるホルモン剤であるが、副作用としてムーンフェイス(おかげでケネディは顔が若作りだと間違えられた)、喜怒哀楽反応が極端に走ってしまう、(アベの国会での異様なヤジぶり?)がある
 
私は吉田清治という悪名高い作家を知らなかった。理由は80年代に日本を出てしまったからだ。しかし千田夏光さんが火付け役となった従軍慰安婦ブームはよく憶えている。彼の「従軍慰安婦慶子」を読んだ記憶がある。
 
今回、サンケイの記事を読んでネトウヨ側が常に悪の張本人のように槍玉にあげている吉田清治さんとはどういう人なのか興味を持ち、ネットでリサーチ。といっても、記事はネトウヨ側ばかりからなので、かなりの誇張があるのを覚悟。
下は吉田さんの生涯の年表ですが、年度に間違いがある可能性があります。拙者は西暦しか使いませんから。
吉田清治さんは、非常に数奇な一生を送った人ではないかと思いませんか?ネトウヨの方々が、事実は小説よりも奇なり、と書いていましたが、それ当たってるようです。
 
ネトウヨの方々によれば、吉田清治に関しての
 
在日説、
コミンテルンのスパイ説
KCIAから金を貰った説
 
3つがあります。上の著者、大高記者はネトウヨ記者らしく吉田清治在日説を追及していたのですが、今度は息子を愛国者として褒め称える、という180度の方向転換、いったい裏では何があったのか、と好奇心が湧いてきます。
 
                     吉田清治さんの年表
 
 
1913年(大正2年) 10月15日 吉田雄兎, 『ゆうと』と発音する、として生まれる。本人によれば出生は山口県だそうですが、吉田雄兎の本籍は福岡県、息子さんによれば、一家は川筋の人みたいです。
          
1931年(昭和6年) 門司市立商業学校卒 しかし卒業生名簿によると、吉田氏の生存中から当時者は死去となっているそうだ。
     上京、法政大学の法学部夜間に学ぶ、が 法政大学の学籍名簿には彼の名前がない
 
   
1937年 (24才)満州国地籍整理局に勤務
      朝鮮人李貞郁(20才)を養子にする。
1939年 中華航空、上海支店に支店長として転勤 
1940年 民族主義者金九の逃亡幇助で懲役2年、秦氏には、アヘン密輸に絡む軍事物資横領罪と言った
1942年 下関、労務報告会下関支部の支部長、民間の組織だが、在日を集めて労働させたようだ
      息子によると、その朝鮮人労働者のほとんどが共産党員だった!
1943年、5月、済州島で慰安婦狩り 一週間で205人
1944年、妻フサエと結婚
1946年 共産党から門司市議に出馬、落選
1949年 長男生まれる
      朝鮮人養子の籍を抜く
1951年、次男生まれる
 
1963年(昭和38年=49才)NHK私の8月15日エッセイコンテストで佳作入選
それ以前にもラジオと私、という作文コンクールで一等⒑万円を獲得。その当時は朝鮮人の経営するパン屋で働いていたが生活苦にあえいでいた。
 
1968年、長男ソ連留学(ルムンバ友好大学?)福岡日ソ友好協会の役職についていた。
1969年、次男 ソ連留学
1971年、長男帰国 (両親が職を失ったので)
1973年、吉田清治、息子を頼って上京
      千田夏光、従軍慰安婦、発行 それ以後従軍慰安婦ブームが起こる。
1977年、『朝鮮人慰安婦と日本人』
1983年、『私の戦争犯罪』 (済州島での慰安婦狩り)第ヒット
      元養子が死亡、労働運動の幹部だった、息子は会ったことなし
1989年 韓国語版『私の戦争犯罪』出版
1992年、秦郁彦、済州島で調査、吉田清治の慰安婦狩りは嘘と確信
1993年、韓国天安市の国立墓地に、謝罪碑を建立。
      吉田清治は式典参加者の前で土下座し謝罪。
1996年 UN 人権弁護士によるクマラスワミ報告で、『私の戦争犯罪』は奴隷狩りに加担した日本人の告白として引用される。
    
1996年、週刊新潮にて、『事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんて 新聞だってやっている』と書かれる。
1997年、サラ・ソー、吉田清治にインタビューを申し込むが、吉田氏は、たくさんの脅迫電話を受けてるので            電話口で怒ってしまったことを謝罪、健康状態が悪いので、インタビューを断る
2000年、(86才)直腸がん闘病生活の後死亡
 
2017 年5月、息子によって、『謝罪』の文字が『慰霊』に変えられた。
 
私の興味をひいたのはコミンテルン説。満州時代から、吉田氏は、コミンテルン下の共産党員の可能性が?無きにしも非ず