chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

日本生まれのまるちゃんラーメンは貧乏人の味方!?

 

f:id:chuka123:20181010135730j:plain

 

 
スーパーでまるちゃんラーメンが4個$1で売られていました。一個25セント=28円です。普段は一個30セント=33円ですから5円お得ということに。(細か過ぎてごめん、これも昔の貧乏暮らしのせいか?)
 
まるちゃんラーメンは米国でもっともポピュラ
ーなブランドになっているように見えます。
とにかく安いということで。
カップラーメンの方は一個だいたい40円から80円ぐらい。まるちゃんカップラーメンはアメリカの貧乏学生の常食としてYouTubeですっかり有名です。空腹で金がなければ食べられないことはない。(私には無理ですが)
 
このまるちゃんの競争相手はやはり日本起源の日清のトップラーメン。ほぼ同じくらいの値段。拙愚孫からまず過ぎると苦情が出て残りは全部捨てました。それ以来買っていません。
私が渡米した1980年代のアメリカではスーパーにインスタントラーメンをまだ見かけなかった。多くの人が給料日前にはインスタントのマカロニ&チーズを食べていました。まるちゃんラーメンは一杯380カロリーと記されています。大体成人は一日1800-2400カロリーが必要とされているので、卵や肉などをトッピングにすれば一日三食でも生きていけそうな気がする。
 
私達の州法では、一日8時間、週5日=40時間の最低月給額が13万816円となっています。しかし最初から、社会福祉税と国税が天引きされます。それぞれ6.5%と12%が引かれるわけで、健康保険と学区税を引かれると手取りが10万645円。完全設備の1ベッドルーム・アパートは6-10万円かかるので独立は無理。したがって両親の家に同居という若者がふえている。車の月賦や保険料にガソリン代、それに外食代がかさむとやはり給料日前には金欠に陥ってしまう。こういうのワーキングプアーズというのでしょう。
今日米国では手取り20万円前後の月収で生活している貧困家族が増えているそうですが、安くて腹を満たすインスタントラーメンはそういう人々にとっては天の助けになっているようです。フードバンクで手渡されるフードパッケージや難民向けの食糧援助にもインスタントラーメンが入っているということです。
 
 
上の動画はある黒人LGBTユーチューバーの方のまるちゃんラーメンのつくり方。
自称、ニガー(クロんぼ)式のラーメンヌードル、だそうです。
 
まずチキンラーメンをゆで余分な湯で水を捨て、ヌードルがひたひたぐらいに調整。
その中に、スープパウダー、安物マーガリン(本人はバターと言っている)一片をかきまぜて溶かす
次にサンドイッチ用プロセスチーズを溶かし入れ
ガーリックパウダーをふりかけ
最後にルイジアナ・ホットソース(タバスコソースの安物版)を加えてできあがり。
 
この人の英語はFやA語が入って下品だが、これが普通の人も結構いる。喧嘩以外は気にしない。
マーガリンとチーズのせいで450カロリーぐらい?これじゃマクドの$1チーズバーガーと同じ。
このラーメン試して見た方は結果を教えて下さい。
CCを押せば動画下方に英字幕が出ます。

ノーベル平和賞:戦略となった戦場の性暴力

今年ノーベル平和賞に選ばれたコンゴのムクウェゲ医師についてネトウヨがいろいろといちゃもんをつけている。この医師は2013年からノーベル平和賞候補だった人だ。2016年にはソウル平和賞を貰った。その時ソウルで、慰安婦問題も戦時性暴力の問題なので日本政府はこれに積極的に取り組むべきだ、と述べた。それが原因でネトウヨはすっかりムクウェゲ医師を敵視するようになった。
 
話がとんで申し訳ないが、この9月、ネトフリックスで ‟ City of Joy” というドキュメンタリーが公開された。このドキュメンタリーはコンゴ(旧ザイール)にある『兵士にレイプされた女性の家』についてである。この施設は2011年のVデー、2月14日にオープン。『Vデー』の‟V”はヴァギナの頭文字。
米の著名なフェミニストの、コンゴに革命的女性を生みだす、というアイデアをもとに、世界からの財政援助で6か月間に年間180人の被害者女性達が住み込みでリハブに励み、コミュニティのリーダーとして将来の生き方を模索している。
 
下のフォトでもわかるように、この施設は病院に併設され、城砦化されて私兵に警護されている。
病院はムクウェゲ医師が海外の財政援助によって運営、ここで医師は損傷された性器の治療を行っている。身体は回復したが精神的回復の必要性を認識、その方法を模索し続けてきたのがこの医師だった。
私もこのドキュメンタリーを見た一人だが、その時はこのフィルムに出てきたこのコンゴ人医師が10
月に平和賞に決まったムクウェゲ医師とは全く知らなかった。
 
コンゴは鉱産物の豊な国である。今日ではcoltan が携帯電話などのエレクトロニクス製品に使われ、日本の企業もここから買っている。しかし、アフリカ諸国の政情不安が原因で多くの鉱山は武装ミリシア(私兵)に守られている。この私兵達が過去数年来鉱山の周辺の村で残虐行為を行ってきた。住民の前で見せしめレイプを行い、妊娠女性の腹を裂き、陰部を撃つなどの女性に対する性暴力が酷い。ラッキーにも生き残れた村人は村から逃げ去った。そういったゴースト村が鉱山の周辺には山ほどあるそうだ。

Image result for city of joy congo
 
 
実際このコンゴ一帯の戦場の性暴力の現状は日中戦争時の日本軍の残虐行為に酷似している。アフリカは一夫多妻が盛んな男尊女卑の国である。大和なでしこは日本ではもはや過去の遺物のようだが現代の大和なでしこはアフリカで健在だ。
しかしこの女性の社会的地位の低さを悪用し、レイプ・殺人で非戦闘員を威嚇し服従させているという現実にはただただ目をむくばかりだ。一体歴史は前進しているのか、逆行しているのか?私にはわからない。
戦場のレイプは私兵だけではない、政府軍もしている。これもネトフリックスのドキュメンタリーで知った。

Tボーンステーキ :アメリカのコンフォート・フード

 
 
 
上のは拙クッキングによる、3ポンド(=1350g)のTボーン・ステーキ。フォトにようにT型の骨が特徴です。アメリカ人の好物でもあります。
 
大衆向けスーパーで買いました。値段は$10=¥1100ぐらいか。これ一人前です。
ビフテキのような肉類=動物性たんぱく質と脂肪、にアップルパイやアイスクリームなどに大量に含まれている糖分は私達人間のエネルギー源です。口に入れたとたんにすぐ元気が出てきます。だからこれらのハイ・カロリーなものがコンフォート・フード=Comfort Foodと呼ばれる理由です。
 
拙クッキングでは塩・胡椒のみで味つけします。1/2テーブルスプーンのバターを途中で加え表面がパサパサになるのを防ぐわけです。
ステーキ類を料理する時はワインでも飲みながら焼きあがるのを待つのがコツ。
ついでに少量の飲み残しワインでソースを作るもの結構。
しかし焼け具合が気になってしようがないのか何度もステーキを裏返す人はご遠慮を。
味が落ちます。
 
ステーキはレア(生)では食べないのがフツーです。ほとんどの人はウェルダン(表面は焦げる寸前、中までよく火が通っている)を選びます。拙者はウェルダンの前段階ぐらい(上のフォト)で火を止めてます。拙愚家族は拙孫までもが皆ウェルダンを主張してますから、私は自分のは自分で焼くより方法はなし。一度愚娘が料理してくれた黒っぽい半焦げビフテキを愚娘の愛犬に投げやって以来愚犬様につきまとわれ大迷惑してます。
私の好みはリーペリンのウースターソース。英国産の有名なソースですが、へたなステーキソースよりましだ、と思っています。それとシーソルト。
上のステーキの味はOK。硬さもパスです。この値段ですから。アメリカで美味しいビフテキを料理したければ、高級スーパーの肉を買うことです。
 
私達おめでた一家のごひいきレストランは『アウトバック』でした。これはオーストラリア・スタイルのステーキハウスです。そこで今、Tボーンは$28。これには付け合わせとしてサラダやポテトが選べます。パンは食べ放題ですが、飲み物やアペタイザーのシュリンプなどをオーダーすると少なくとも一人前$40=¥4100、それに15%程度のチップを加算、ということになりますが、これ、かえって日本の『アウトバック』よりも高くつくようです。しかし日本の『アウトバック』にはTボーンステーキがあるのかどうか?です。

カバノー最高裁判事候補の小さいウソ

9月27日の公聴会最終日,。民主党委員の意地悪質問に、カバノー最高裁判事候補は見事に切れた。質問に答えるどころか、私もビールが好き、みんなもビールが好き、あんただってビール好きだろう!とくってかかる有り様。このような彼の情緒不安定さが最高裁判事にふさわしくない人という印象を視聴者に与えている。
 
今日までに3人の女性が酔っぱらったカバノー候補に性的暴力を受けたと弁護士付きで名乗り出ている。
 
#1は公聴会で証言したクリスティーン・フォード教授。
このレイプ未遂事件はカバノー候補が17歳、フォード教授が15歳の時に発生したとなっている。当時カバノー候補はイエズス会ジョージタウン進学校(男子制)に在学、フットボール選手として活躍。一方のフォード教授は都内の名門女子私立高校に在学中。あるプールパーティでカバノー候補と悪友が彼女をベッドルームに連れ込みドアに鍵をかけられ、抵抗するとカバノー候補に手で口を塞がれ、殺されると信じた、というから怖い。このガキ共は、二人してこの少女をレイプするつもりだったのだ。高校卒業アルバムには、彼の高校時代に達成した業績の一つに、‟ Devil's Triangles” をあげているが、これはまさにそのことを指しているように見える。この‟Devil’s Triangles” はなにか、と尋ねられ”、酒の飲みのゲームだ、とカバナー候補は答えている。 しかもこの時間帯に誰かによって英語ウィキの‟Devil's Triangles” の項目から2:1セックスという意味が消されてしまっていた。これは本当だ。
 
カバノー候補と保守陣営は最初の#1事件に対処する為に夫妻仲良く保守サイドのフォックスTVに出演、高校時代は学業とスポーツの両立に忙しく、しかも毎日曜日は教会で少年助祭をしていた、酒を飲んで問題をおこすなどてとんでもない、と反論し、さらにカバノー候補自身が高校から大学在学中のほとんどを童貞!で過ごした、とまで告白したのだった。
 
ところが、意地悪な民主党委員が公聴会で持ち出したのは、何とカバノー候補の高校卒業アルバム。そこには当時悪ガキだったカバノー候補のふざけた文句が残っているのだ。くそガキ共の高校時代の金字塔について、民主党委員のイヤミな質問にカバノー候補はごまかしで応戦!
 
Image result for kavanaugh yearbook
上はしてやったりと卒業アルバムのカバノー候補のページを掲げる著名な民主党委員。
下は質問内容。
100 kegs or bust カバノー候補と友人の悪ガキどもは卒業までに100個の大型容器に入った
ビールを飲み干すという誓い。拙者は拙ホームパーティで kegでビールでを買ったことが数回ある。
Renate Aluminum 友人でカトリック系女子高生レナータの同窓会員という意味。 同じことをカバノー候補の悪ガキ連13人が書いていた。ということは、窓ではなく穴?の方が正しいかも。いずれにせよ、下品。今回このカキコを知らされたレナータ女史は、カンカンに怒ったそうだ。
 
Devils triangles 2男:1女のセックス。カバノー候補は公聴会で飲みかたのゲームと証言、知る人ぞ知るスラング。
 
Beach Week Ralph Club 吐くまで飲むこと、そこまで飲めるという酒飲みの虚言。カバノー候補は、胃が弱かったのでよく吐いていた、とウソをつく。
 
Judge!   Have you boofed yet? Jugde =#1で共犯とされる親友のことだが、長い間のアルコール・薬物依存症のせいでリハブ中。もとは作家であり、アルコール依存症だった自己の体験記を書いている。その中にカバノー候補をモデルにした人物が登場。 boof=アナルセックス。
おまえ、とうとうアナルでしたのか?という意でジョークにしては凄すぎる。カバノー候補は屁をこくこと、と証言した。
FFFFFFourth of July  のFFFFFF= Find them FRENCH them Feed them Finger them F・・k them Forget them 略字で、意味がわかる人なら吐き気を催すこと請け合いです。
 
親の顔が見たい!? 
 
つまり高校時代のカバノー候補の頭は紛れもなく、酒、セックスで満杯だった!
 
あんた、その頃から酒に問題があったんでは?という民主党委員の質問に対して、
カバノー候補は、メリーランド州では18歳で飲酒許可、フットボールの練習後メンバーでよく飲んだ、そのどこが悪い、すべて合法だ、とうそぶく。しかし彼はその時17歳で、18歳になる前に州法改正、メリーランドでは21歳で飲酒が合法となってしまっていた。
つまり、未来の最高裁判事は違法で酒を飲んだのに、それを認めようとしない!?罪に問われなければウソついてもいい、ということに。
 
セクハラ糾弾#2は彼のイェール大の親しかった同級生からだ。この事件は泥酔したカバノー候補が彼女の目の前でパンツをずり落とし、チンポコを見事に露出、それを彼女の顔前に突き出したということ。おかげでこの被害者となった同級生は、チンポコが顔に直接接触したため非常に不愉快な思いをさせられた、というのだ。
 
この公聴会直後にはイェール大の同級生が数人TVに登場。そのうちの一人は医者だ。彼女はイェール時代の飲み友達だったとかで、カバノー候補は酒好きでしょっちゅうグダグダに酔っぱらっていた、最高裁判事としてこんなことで下手なウソをつく人は失格、と手厳しく批判した。
 
レイプ糾弾#3はレイプ未遂公聴会の前日、あのトランプの宿敵、アメリカを発情させよう、という文句を売り物にしたストーミーダニエルの民主党弁護士が引っ張り出してきた女性。この女性はカバノー候補と彼の悪友でレイプ未遂に一役かった元アル中の同級生に高校生のホームパーティーで輪姦されたというのだ。
 トランプはストーミーの弁護士のことを 三流弁護士、下層階級、と即ツィートしてこき下ろしている。

トランプ VS ストーミー・ダニエルズ : Make America Horny Again - chuka's diary

#3の方はフェイクニュースの方でもあまりまともに取り上げていないが、#2の露出事件は急速に問題となりつつある。というのは、告発者とカバノー候補はイェール時代の親しい友人サークルのメンバーで二人の共通の友人だった。これまで名乗り出た友人たちのほとんどが告発者を信じると述べている。
 
さて翌日の委員会での投票直前のこと。トランプと折り合いが悪くトランプの推すカバノーには入れたくない共和党委員がいた。彼はエレベーターの中で#MeeToo支持者に囲まれ、レイピストを最高裁におくるのか!と怒鳴り散らされるという事件が起きた。その始終がスマホに録音され、この議員はFBIの調査をする、という条件付きで、カバノー候補に一票入れた。
 
トランプも折れて、FBI調査を命じた、というのが今日までの顛末であるが、時間ごとにいろいろと情報が出て、FBIの調査が終了する金曜日には一体どうなっているのだろうか?というのが今の現状である。
 
Falsus in uno, falsus in omibus = False in one thing, false in all
上はラテン語による法原則=証言の中の一件のウソにより証人が信用性を失うこと。
カバノー候補は法的スタンダードから最高裁判事の職にふさわしくない、という声が多く出ている。
 
カバノー候補が公聴会で自己賛美したのとは裏腹に、全米法律家協会、イェール大学、高校の母体であるイエズス会はカバノー候補推薦をすでに取りやめていた。全米法律家協会は最初からFBIによる調査を推薦していた。

カバノー最高裁判事候補:ドラマキング V.#Me Too

 

Image result for kavanaugh confirmation

カバノー最高裁判事候補:米国人にもはあるという証拠!?

 
前回では、テニスの女王様ことセリーナ・ウィリアムスのあっぱれなドラマクイーンぶりが大阪ナオミからスポットライトをすっかり奪ってしまったことを書いた。おかげで本物のUSオープン女王ナオミは脇役を演じるはめに。この全くアンフェアな扱いを受けたナオミに皆の同情が集中したのも当然のこと。
 
しかしそれもつかぬ間、今度は『ドラマキング』の登場だ。 エリート中のエリート、有名私立進学校からイェール大、辣腕検事、連邦判事、という輝かしい司法キャリアと家族中心主義を見事両立させているイケメン最高裁判事候補のブレット・カバノー。
ところがである、まるで白馬の王子様中年版みたいなカバノー候補は、昨日の上院司法委員会公聴会最終日の実況中継で、この二週間というもの彼と家族は地獄に落とされている、これまで苦労して築き上げたキャリアは今や破滅寸前、とボロボロ涙で訴え、返す刀で、どれもこれもすべて民主党と左翼の陰謀、クリントンとソロスの復讐だ、と叫んで怒りをぶちまけた。
彼のお涙頂戴の怒れる白人中年男の名演技は一時的にせよ聴衆の涙をさそった。
彼の前に登場し、カバノー候補に36年前!のティーン・パーティーでレイプされそうになったと証言したフォード教授を圧倒したかのように見えたのだが・・・・?
 
私は昨日のこのカバノー米最高裁判事候補の上院公聴会中継をCNNで見た。朝の11時から3時頃までかかった。
カバノー連邦判事はこの公聴会を『サーカス』だ、と手厳しく批判したが、全くその通り。だからそれなりに面白かった。
日本ではカバノー判事についてはなぜかあまり報道されていない。しかし米国内では当日多く人がTVに釘付け。おかげで昨日はレイプ・ホットラインの利用者は200%増大(CNN)だそうだ。
 
米の最高裁判事は終身雇用で、まず大統領が指名し、上院の司法委員会で質疑応答を受け、委員による投票が行われ、結果が上院に送られ上院で議員の多数決投票で決定される。大統領が民主ならばリベラル、共和なら保守的傾向の判事が指名される傾向がある。今回のカバノー判事は超保守と見なされている。だから民主党は一致して反対している。何も際立って珍しいことではない。
 
米市民にとってはこの公聴会はジョブ・インタビューと見なされている。
最高裁判事には法の良心を象徴する高潔な人格が要求されるのだが、カバノー候補はこの高いハードルをクリアできるのかどうかが、目下のイシューとなっている。
一般のジョブインタビューと違い、上院での証言ということで、冒頭で証言内容はすべて真実である、という宣誓を要求される。だから虚偽の供述をすると偽証罪(犯罪)に問われる可能性が無きにしも非ずだが、ジョブインタビューで自己の能力を実際以上に誇張するのは当たり前だし若気の至り的過去なども大目に見るべきなのだが、政治が絡むとそうはいかないようだ。
 
このカバノー候補(現連邦判事)は名門カトリック系ハイスクールからイェール大学へ進学したいわゆるエリート。しかし学生時代は凄いボンボンだっただったようだ。
そういった彼のハイスクール時の悪行を地元の上院議員に手紙で報告した人が出た。この地元の上院議員とは民主党の大物、#MeTooの支持者でもあるフェンスタイン女史。
この手紙を出した当人も首都DCの名門私立女子高校卒業、ここはクリントン令嬢やオバマ・シスターズも通ったところだ。
手紙内容によると当時17歳のカバノー少年はホームパーティーでぐでんぐでんに酔っぱらい、当時15歳だったこの女性をベッドの上に押し倒し、羽交い締めして強姦しようとしたという。カバノー少年の悪友同級生のボンボンが一緒にいた。この男はカバノー判事のレイプに同乗しようとしてその上からおっかぶさったようだ。 しかし勢いがつき過ぎて二人ともどもベッドから転げ落ちてしまい、被害者は脱兎のごとく部屋から飛び出し、そのまま家まで逃げ帰った、というのだ。
この女性はある有名大の臨床心理学教授なのだが、このレイプ事件が36年後の今日に至るまでトラウマとなって尾を引いている、と証言している。
 
ところで米国人の中にはもう一つの有名なセクハラ公聴会を憶えている人も多い。
1991年の トーマス現最高裁判事 V. アニタ・ヒル、である。確か夜中過ぎに終了したこの実況中継を私も見た。
ブッシュ保守政権下EEOC長官だったクラレンス・トーマスの補佐官であったアニタ・ヒルの証言によれば、トーマス候補は、君とはデートするやくそくだったよね、とか、コーラのカップを目でさして、あ、陰毛が入っている、とかいうセクハラ言動を彼女に繰り返したそうだ。
アニタ・ヒルはこのことをFBIによるトーマス判事の身元調査で強制的に告発させられた。もちろん極秘情報であったが、なぜかそれか反対派に漏れてしまった。そして上院公聴会に強制的に呼び出された。
アニタヒル弁護士はもうこれ以上の質疑は必要ない、噓発見器テストをパスした、という理由で公聴会を中途退場。
今回と同様にアニタヒル証言の後、トーマス候補が呼ばれた。かなり怒った表情で、この件は、上昇志向の黒んぼにたいするハイテック・リンチだ、と述べたのが印象的だった。
しかしそれ以外は彼は淡々とした口調でアニタヒル証言をすべて否定し、質疑もそれ以上は進むことはなかった。
このセクハラ公聴会にはアニタヒルとクラレンストーマスの当事者以外に両者のキャラクターをバックアップする26人が査問され証言した。その中にはセクハラを確証する証人は一人も含まれていなかった。(セクハラをされた、という女性がいたのだが、呼ばれなかった)
結局クラレンス・トーマスは最高裁判事に上院で任命されたのだが、これには思いがけないドンデン返しが待っていた。
1993年、‟The Real Anita Hill” (アニタヒルの真実) が大ベストセラーになった。著者は若手の保守ジャーナリスト、David Block.。この本はアニタヒルの動機を暴露した、となっていた。保守陣営からは絶賛され、私も読んだ。よくリサーチされているようで説得力があったが、ちょっとうまく出来過ぎていないか?というのがその時の私の率直な感想だった。ところがである、2000年を前にして、著者は自分がゲイであることを公表、この本も事実にもとずかないでっちあげ、でアニタヒルに謝罪をしてしまったのだ。ゲイは保守陣営では受け入れられていない。著者自身はあっという間に右から左に鞍替えで、今日彼は民主党の著名な戦略家である。一方、アニタヒルは米メディアの寵児になっている。セクハラ問題が起こる都度、闘う女のシンボルとしてメディアは常にコメントを求めている。
 
この1991年のアニタヒル公聴会の影響は大きい。
1991年の公聴会では、全員男性で検事や弁護士上がりの共和党司法委員が直接アニタヒルに質問をしたのだが、彼らの言い方が意地悪過ぎる、アニタヒルを犯罪人のように扱った、と散々に批判された。
だから今回は、共和党側は、女性検事を雇って彼女にソフト口調で質問させるのみ。今回の公聴会では共和党委員は皆口をそろえてフォード教授の勇気をたたえ、彼女の証言を信用する、とまで言っている。だが彼女には確証がないのでカバノー候補に投票する、というのだから、一体どうなっているのか?これらの議員達は一般市民にはわけがわからない理屈を平然と言ってのけるのだ。これには皆呆れ果てている。
 
 
上は日本の報道です。ケントギルバート、初めて聞きましたが物凄い三流ジャーナリストぶり!
彼自身が無知なのか、日本人が知らなさすぎるか?
 
今全米でお笑いの対象になっているのは、お涙頂戴スピーチの後のカバノー氏の異様な応答ぶりです。長くなりましたので、これ、次回に持ち越します。

 

セレナ:テニスの女王がドラマクィーンに見事へんし~ん!?

欧米でも今もってテニスは上流階級のスポーツというイメージが強い。日本でもアキヒト皇太子と美智子さんの軽井沢テニスコートのロマンスで第一次テニスブームが巻き起こった。1958年、高度経済成長の時代だった。しかし、テニスもゴルフも当時の庶民の生活とは全く関係ないスポーツ。このテニスブームはV字ネックのテニスセーターやラケットを小脇に抱えてのテニスルックの大流行で終わった。
しかし果たしてテニスは本当に上品なスポーツなのか?
 
実際問題としてテニスに勝つには、相手がミスするのを待つ、待ちたくなかったら相手にミスをさせる、ということが基本となる。これは正々堂々のスポーツ精神とは程遠い。コート上では姑息に成り切らなければ勝てない、というのが当たり前と見なされているスポーツだ。
日本ではやれ素振りが基本だの、それから打ち返しだのと、今だに事細かな技を重大視しているようだが、結果的にはパワーと頭の回転の仕方が勝ち負けに大きく影響する。
危機に直面する人間は、攻撃か逃走、という二つの一つを選ぶ、と想定される。テニスの試合中には自分のミスの心的インパクトが大きい、と言われている。自分ミスで自信喪失し弱気に襲われると負のスパイラルに突入。それが今回の‟テニスの女王様セレナ”のUSオープン最終戦での暴走となって現れたようだ。
 
事実はセレナ VS ナオミは予想通りの熱戦だった。最初のセットはナオミがとった。そこで、コーチングをした、と突然警告を出されてセレナは即切れ。セレナには2009年のUSオープンでも切れた過去があった。セレナが審判男にかみつくと、このポルトガル人審判は態度が悪いと一点ナオミに追加、セレナが自分の連続ミス後に癇癪を起しウィルソンのラケットをたたき割ると、今度は警告三回だから、一ゲームそっくりナオミにやってしまった。セレナにとっては物凄い悪運。これでセレナは次のゲームを失えばナオミの勝ちというところまで追い詰められた。常識的には死刑宣告だが、常識が通らないのもこの世界。結果的に最後となってしまったゲームの最中にも会場のブーイングをBGMにセレナはこの審判男をゲーム泥棒だと大声をあげて泣き出すというありさま。まさにテニスクィーンからドラマクィーンにへんし~ん!大荒れに荒れた。最後の最後は試合をギヴアップ。
 
さすがにこの‟ドラマクィーン”セレナの暴走は多くの批判を浴びた。しかし、驚くべきことは、過去のテニススター達やその他の絶対多数がセレナは間違ってないと言っていることだ。
 
試合でのコーチングサインはプロコーチは皆していることであり、それがことさら警告となるも稀。それがどうしてあのタイミング、つまり苦戦中のセレナに課せられたのかという批判。
セレナの言動、審判を泥棒と呼んだ、は警告に値しない。男性プレイヤーはもっとひどい罵声を浴びせるのが常でセレナはそういった罵声は一言も発してない、だから女性プレイヤーに対する差別だという批判。
ゲームそのものをナオミに加算するのはやり過ぎという批判
セレナにはすでに罰金1700万が課せられているのだから。
 
セレナの暴走が起こらなかったら、おそらくナオミが完勝した可能性も強いことから、このセレナ騒動の第一の被害者はナオミだ、というのが誰もの一致した意見となった。 というのはナオミは表彰式でもブーイングが起こり、悪いことをしたのが見つかった時の子供のように怯えて泣き出し、勝ってすみません、とお詫びの言葉をポツン!? これが皆の同情をかった。
 
ところがその後に続くインタビューでは、ナオミの発言が異様に子供っぽいのだ。ナオミは見た目は20歳でも精神年齢12歳、とか口をもごもごさせて何を言っていつのがはっきりしないので、彼女は天然の腹話術師だ、とかいうコメントが多く出ていた。しかしながら、彼女のテニスは素晴らしい、と。
ナオミのプレイ・パターンをYouTubeの動画で見てもらいたかったのだが、USオープンの勝利後消去されてしまった、残念です。
動画では、彼女が一つ一つ確実に打ち返しながら、タイミングよく攻撃しているのがわかる。難を言えば時間をかけ過ぎるという点だろうか。彼女は今20歳というピーク時。これを過ぎるとパワーが落ちていく。私はこの動画を見ながらなぜかあのテニスの天才少年ことマイケルチャンを思い出してしまうのだ。チャンは現在錦織選手のコーチをしている。
これから彼女のテニスは徹底的にターゲットになるだろうが、とにかく『ナオミの時代』の到来だ。ぜひ末永く頑張ってほしい。
 
下のはセレナの風刺画だが、女性差別という非難が世界で巻き起こっている。金髪の白人がナオミ。コートに転がっているのはベビーのおしゃぶり。実はセレナは去年出産したのだが、難産だったようだ。今年カムバック果たし、言わば女性の輝ける星。この風刺画では、セレナのドラマクィーンぶりに辟易した審判が金髪少女のナオミを呼び、もういい加減にしてセレナを勝たせてやれ、と説教してしいる。私には女性差別だとは思えないのだが・・・。
 
 
下は表彰式で怯えるナオミの肩を支えるセレナ
 
Image result for US open 2018 serenaImage result for serena's catwoman outfit
 
上は今年のフレンチオープンでのセレナのキャトウーマン・スーツ。
このテニスドレスはエレガンスに欠けるという理由から今後フレンチオープンでは禁止された。
女性プレイヤーは男性を喜ばせるためにあの、太ももむき出しパンティチラチラ、の超ミニを強制されなければならないのか!?
 

プライムリブ:アメリカの空極の肉料理がファーストフードとなった

f:id:chuka123:20180905191417j:plain

ステーキ、バーガー、は肉好きアメリカ人の国民食。しかし何といっても空極の肉料理はプライム・リブだろう。 ビーフで最高にうまい部分、あばら骨に囲まれた肉塊を長時間ロースト。当然値段も高いので頻繁にどころかめったと食べられないのが現状だが、このプライムリブがファーストフードにやってきた。
ボストンマーケットというロティサリーチキン・チェーンが試験的にはじめた。
値段は$15.99(=¥1650) + 州税。 付け合わせにはコーンブレッドと2種類が選べるので私はクリームドスピナッチとベジタブル・スタッフイング(もとは砕いたコーンブレッドと野菜をローストチキンの腹に詰めて長時間ローストしたもの)。
ソースはさらりとしたビーフジュースとホースラディッシュ。ホースラディッシュは日本のワサビのようにツンと鼻に来る。
味はOK。この値段だからあまり文句も言えまい。普段ステーキハウスでオーダーすれば付け合わせと一緒で最低$40はかかる。ここは米国の中部だから肉類が安いところ。ネットで見ると日本の高級レストランではそれ以上の値段だった。
 
白い肉の脂はもちろん食べないで切り捨てる。これはフレーバーを増すためについている。
このプライムリブはイギリス名物のローストビーフとどう違う?という疑問も湧いてくる。ローストビーフの方はこちらでは立食パーティーによく出てくる。これも大きなローストされた肉塊がドンと銀皿に乗ってでてきて、傍のウェイターが一人一人に切り分けてくれる。薄切りが特徴だが、プライムリブは厚切りが特徴。肉も全般的にプライムリブの方が柔らかい。
しかしローストビーフもプライムリブも、ホームクッキングは絶対避けた方がよい、というのが私のアドバイス。
その第一は材料の牛のあばら肉の塊がきわめて高価であること、第二はローストの手加減が素人にはうまくできない、ということで成功したためしがない。
結局喜ぶのはわが家の犬様。