chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

トランプのアメリカ : キングコングvs.ゴジラ

前回のブログで書いたように、米政界はこのところ毎日が驚きの連続だ。 去年の10月に民主党が下院を掌握し、一月に新しい議会が招集、下院議長にナンシー・ペローシが正式に就任した。以来、トランプはフェイクニュースに加えて下院民主党連合軍を新たに敵方に回すことになった。政府機関閉鎖は過去に幾度も繰り返されてきたが、これは下院が米国連邦政府の財布を握っていることが原因だ。これは大統領権限の制限が目的だが、今回はトランプもペローシ議長もいまだに妥協する気を見せていない。
ペローシ議長(写真左)の狙いはモラー捜査を守り、トランプを大統領罷免に追い込むことだから、もうどうなるか本当に先が怖い。
国民への年次基調報告という大統領の大演説が下院で行われるのが毎年恒例となっているのだが、それが1月29日に予定されていた。ところが昨日、ペローシ議長は公式レターで、大統領にこの演説を延長するように要求した。理由は下院も部分しか機能していないので、大統領はじめ政府要人全員が一挙に下院に押しかけられても困る、どうしてもしたかったら文書でどうぞ、というもの。トランプのツィートは誤字が多いので、多くの人々の笑いを誘った。
 
 
Image result for trump vs pelosi
 
ところがトランプはこの公式レターに対して24時間だんまりを決め込んだ。そしてその理由がつい先ほどやっと判明。実はペローシ議長と下院議員団は今日の夕方ワシントンDC郊外のアンドリュー空軍基地から軍用機でアフガニスタンの米軍を訪問し、ベルギーのNATO本部を訪問する予定だった。ところがである、米軍の送迎バスが議会に到着するやいなや、トランプが待ったをかけたのだ。軍の総帥である大統領権限で軍用機を使わさせないと妨害に出た。その上、民間機を使うのはそっちの勝手、と暴言を吐いた。これに反論するペローシ議長は普段の冷静さとはうってかわって言葉も震えてつまりがち。視聴者にも怒りがしんしんと伝わってきた。
 
これについて、ある共和党の有力議員は、これは『キングコング対ゴジラ』の対決というコメントを出していた。
 
ペローシ議長がベルギーのNATO本部を訪れるのはやはりトランプに対する当てつけでもある。トランプは就任以来、NATOを抜けたい、と繰り返し話していたいう事が政府内の要人からリークされ、メディアによって数日前に報告されたばかりだった。理由はおそらくプーチンとパートナーを組んで新しい世界秩序を築きたいということだろう。多くの米人は、トランプはKGB上がりのプーチンにまんまと乗せられたのではないか、と疑っている。

トランプのアメリカ:トランプはロシアのスパイだった!?

今日のアメリカは毎日が政治サーカスショーで驚きの連続だが、これは文句なしに凄い!

 
先週の金曜日の夜に、NYタイムスがまたまたトランプに砲弾を撃ち込んだ。
リベラルの最先端として知られているNYタイムスはトランプと戦争中のフェイクニュース側で常に先制攻撃をしかけている。今回の敵の損傷はいかほどだろうか?
日本ではトランプとフェイクニュースが内戦中というのを全くご存じない方々がほとんどなのではないだろうか?理由の一つはこれを国民に知られたくない人達がいる、ということにあるのかも知れない。トランプの白人優先主義が大っぴらになれば困るのはまさにその人達だ。
 
フェイクニュースというのはトランプが嫌がる報道を執拗に続ける米メディアのことだ。だからトランプは彼らを『フェイクニュース』=でっち上げニュース、と見下げ卑しめている。ただしトランプのお気に入り、フォックスニュースだけは除く。フォックスニュースは保守だが、今はトランプの翼賛ニュース局に成り下がってしまっている。これは非常に遺憾なことだ。実は私はクリントン時代にフォックスのファンであった。あの頃はは超保守と超リベラル半々のコメンテーターが登場し激しい討論を交わしていたので政治的エンターテイメントになっていたからだ。
 
その日の朝だったと思うが、2016年大統領選でトランプの選挙戦マネージャーであったマナフォート氏がモラー特別検察官によって偽証罪で再び提訴されたのだが、その法廷に提出された書類のある部分がマナフォート氏の弁護士のエラーで黒塗りされなかった。その結果、マナフォート氏はトランプ側の選挙戦略資料をロシア側に渡してしまった、という事に関しての偽証であったというのがフェイクニュース側に知れてしまった。ロシアはアメリカの仮想軍事敵国であり、これは尋常ではない。案の定、マナフォート氏は事業に失敗して、ロシアのオリガルヒと呼ばれているプーチン直結のある利権屋にかなりの借金を負っていた。
これまでモラー特別検事によって偽証罪を告発されたのは17人、ロシアのスパイとトランプの旧側近である。その理由については書類の多くが黒塗りされていて不明だったのだが、この偶然の暴露でモラー特別検察官の捜査の方向が見えてきた、とフェイクニュース側は見ている。当然、フェイクニュース側はその線にそってこれまでの捜査についての想定を見直した。その結果が今回のNYタイムスのスクープであり、それに続くワシントンポスト紙のプーチンとの五回に及ぶ秘密会談の存在の暴露となった。
 
NYタイムスによれば、長官コミ氏によってFBIでロシア選挙介入事件の捜査を続けていたのだが、その過程でトランプはロシアの為に働いているのではないか、という疑惑が出ていた。去年にFBI長官だったコミ氏をクビにしたのをきっかけに、トランプがロシアのスパイかどうかとについて実際に捜査が開始され、それがモラー捜査で継続されている、というのだ。
 
  1. Image result for baby trump
トランプの政策はロシアの利益と白人優先主義に強く影響されていることは明らかだ。彼の政策、米メキシコ国境の壁、自ら関税マンと名乗り、中国や他の自由主義国に関税をしかけている事などもこれから議会の調査の対象になるはずだ。北朝鮮ポリシーについても同様だろう。

レーダー照射事件と嫌韓ブロガーの恨!?

前回に記事にしたMop**sr さんのブログに、あるヤフーブロガーが大アタック。
 
Mop**sr さんが紹介した元外交官の佐藤優氏による、友好国間では事実争いはしない、という意見について、嫌韓でないからけしからん、とこのブロガーが文句をつけてきた。
 
焦点となったレーダー照射事件は事故防止問題なのに、日本政府はこれを政治的問題にすり替えている。政治的といったのは、これを騒ぎ立てることによって利益を得ようとしている政治的集団がいる、という意味でだ。 ただの被害者として世界の同情を誘う目的であの動画を公開したというのならアベ政権の正気を疑う。
 
考えてみるべきなのは、もしこの事件が英仏の間で起こり、一方の国が動画を公開、相手国にレーダー照射を認めよ、そうでなければ、やれ国際裁判所だ、経済制裁だ、と騒いだら、どうなるか?
この言い出しっぺ国はEU諸国は元より、世界中で笑いものになることは保証付き。
日韓関係は戦略上極東の英仏関係に匹敵する。友好国間のニアミスは友好国間で防止を目的としたプロトコールを設置するなどの即急の対処が必要だ。今回のような「事実認識」はプライオリティではない。
しかし今回の公開動画で偶然明らかになったのは、友好国の間でありながら、日韓両国の間には交信手段が確立されていないという驚くべき事実だ。実際のコミュニケーションは言葉には頼らない、という説を立証するかように、ここでのコミュニケーションはそれぞれの勝手な威嚇行動である。
 
以下赤字はかの嫌韓ブロガーのコメントの一部だが、コモンセンスの欠如と歴史に対する無知ぶりには驚くばかり。青は拙コメント。
 
 
 
>日本が戦前の統治で迷惑をかけたと日本人特有の反省癖、謝罪癖を発揮し戦後賠償を行い、技術移転をやった結果のかの国の発展を奴らは感謝するどころか恩を仇で返すことで日本より優位に立とうとしているに過ぎないね
 
1965年の日韓基本条約は1952年のサンフランシスコ平和条約に従って国交回復は賠償問題の解決という方式を受け継いでいる。恩とか仇とかの問題ではない。
 
 
>4島を奪われた時の事実関係を政府関係者が誰も認めていないような書きぶりだが、あの島が奪われたのは日本がアメリカ軍に降伏したどさくさに紛れて奪われた事はキミも否定しないだろう。
そんな日本が一番無力な時に領土を奪い60万人の日本人を抑留しシベリアで強制労働をさせられた悔しさを感じない人間が居たのだろうかな。

1945年のヤルタ秘密協定で、千島列島をロシアが領有することを条件にソ連の対日本戦参戦を米ソで合意。この内容は日本側に漏れていた、という説がある。ソ連軍の満州国、朝鮮半島北部、北方領土の占領により、日本はやっと降伏した。しかし日本は連合国に降伏したのであって、アメリカではない。そういう点でも事実認識に問題がある。
北方領土、竹島などの日本から取り上げた領土については、連合国側が日本独立時に最終的判断を下すと公約したのに、1952年のサンフランシスコ平和条約では公約を部分的に実行したのみ。ソ連は日本の連合国占領軍本部が1946年に北方領土をソ連の行政下に置くという公表をした翌日に議会で自国の領土に編入している。
 
 
 
「乱取り」?博識振りを見せたいのか知らないが日本国内の戦国時代の話を持ち出して日本もこんな事をやっていたと言い出すのも卑怯な話だ。
どこの国にも勝てば官軍で勝者が敗者から略奪するのはあっただろうよ、戦に勝てば手柄は切り取り放題と貧乏な兵士を鼓舞するのは時代的にもあっただろう、負ければ命がなくなるとの危機感の中で戦っているんだからね。

> しかしあのソ連の行動はそんな問題ではない、日ソの間には平和条約があり戦争はしないとの約束があった中で、日本が対米戦争に敗れた途端に勝手に条約を破って攻め込んできて無抵抗の婦女子迄凌辱し殺戮したのが本筋なんですよ、その上で日本軍が武装解除した後の兵士(武装解除すれば民間人)が逃げも隠れも出来ない人たちを60万人シベリアに送り強制労働させ数万人も死なせたんですよ。
 
平和条約ではなく不戦条約です。1939年にノモンハンでソ連赤軍に大敗した後始末として1941年に結ばれたのだが、この条約がその後の歴史の運命を変えたといわれるくらい歴史的に重要という評価もある。この条約で朝鮮半島・満州国を安全確保した日本が太平洋戦争に突入できたという説です。ソ連もこの条約で赤軍主力をヨーロッパ戦線に送ることができたわけです。ソ連参戦はすでに米国と密約していたが、期限ぎりぎりまで米は参戦を待たされた。三か月の期限切れ直前にソ連が参戦し、日本降伏となったのですが理由は不明です。事実はソ連は第二次世界大戦で最大の被害国です。当然国土は荒廃し、日々の食糧にも事欠く状態だったようです。また、ソ連・モンゴル兵のドイツでのレイプは有名です。最初の食糧不足の冬で多くの日本兵が亡くなっています。その後待遇も少しずつ改善されたと言われています。
 
この人の恨が凄過ぎる! 拙感想です。
 
 

レーダー照射動画:自称エチオピア=韓国人のウソコメ

これは前回のレーダー照射動画の続きです。この動画はYouTubeに複数が投稿されてますが、その内の一つの動画のコメントに以下のを見つけたのです。
 
 
 
Roach Pillowman
I support Japan from ethiopia. No give up japan numbar one
 
わざわざエチオピアから日本を応援ということですね。これに感激した日本人の感謝の返コメの一つが下です。
 
Thank You ethiopia friend❗️from JAPAN


上のエチオピアからの応援の人、日本人からの数々のお褒めの言葉頂いた上にサムズアップが200以上。
ところで、Roach Pillowmanという名がかなりおかしくないですか?
日本語に訳せばゴキブリに枕男。そこで私は以下の返コメを書いたのです。


Chuka
Roach Pillowman !? What a bad joke ! LOL
 
最後のLOLはlots of laughの略語です。
そうしたら、枕男氏は、こんなひどいバカがいるとは知らなかった、ウソに決まっている、と返コメしてきました。しかしそれでも、枕男氏に感謝する日本人のコメントは続いたのです。
それでついに、以下の部分が最初のオリジナルコメントに付け加えられたのです。
 
and wow I didnt know japanese guys can get fooled THIS easily.... from ethiopia? You really believed that? Certainly 202 people did though, even I told them this was a lie, people just commented me like "Hell yeah black dude. Japan is victim"And I am korean. for love of god are you guys all stupid or something, can we just not fight about this silly incident?
 
つまり、この枕男氏は、彼がウソだと告白しても日本人は賞賛コメントを止めない、たとえば、『ヘイ、ブラックブラザー、日本は被害者だ』、というように。自分は韓国人だ、あんた達は阿呆か?それとも何か別物か?と書いたのです。
 
 
 3 
 
 
 
ルシャトリエの法則
エチオピア人になりすましてたんか、
 
という事ですが、この韓国人?最後にこう書いてます。
 
こんなバカらしい出来事で争わないことできないの?
 
これ当たってませんか。
 
安倍と彼の取り巻き連中のパニック状態が今回の韓国バッシングの原因でしょう。何しろ慰安婦財団は解散され、徴用工裁判は韓国最高裁のアクティヴィスト判事によって宗主国日本を裁く戦後初の人民裁判となり、国際法廷に提訴したくても可能性ゼロ。これではストレスがたまらない方がおかしい。
今回は自衛隊サイドの冷静な判断で事なきにおさまったけれど、次回自衛隊サイドがレーダーを照射されればPreemptive Strike=先制攻撃に出ても不思議ではないという事態の心的準備が安倍連中の狙いでしょう。

Japan Navy は ピジン英語!?

                           米国は 1/1/19  
                                      Happy New Year 
                                                 
                                    Thanks for Your Visit
 
下はあの韓国艦レーダー射撃事件の動画の一コマから。この防衛省による動画公開については安倍首相の勇断に拍手を!見てとても面白かった。
 
この日、海上自衛隊艦は日本海を巡回中に、韓国救助艇と救命ボート二隻、漁船、及びそれを離れて守っている韓国軍艦に遭遇。それが韓国艦がレーダーを自衛隊機に照射した、しなかったの議論合戦に発展するわけだ。この記事も 下のブログ 
にコメントを送ったことから書くことになった。
 
 

Image result for レーダー照射ã®å‹•ç”»

 

 
まず、自衛艦の指揮官と偵察機の機長の交信だが、この指揮官の日本語が酷い。英語とチャンポンだ。日本のメートル制を使わず米国式のヤードやフィートを使っているのはこの自衛艦が米国製で米国海軍で操作訓練を受けた為だろうか?
 
動画の後半になってやっと韓国艦に、‟This is Japan Navy” と呼び掛けるのだが、これがマスコミで問題になった。日本にはNavy=海軍は存在しないからだ。
海上自衛隊の公式英語名は、Japan Maritime Self -Defence Force, 略称JMSDFである。これでは分かりにくいというのなら、JapanMSDFと名乗る方が適切だ。英語であれ日本海軍と名乗るのは、憲法9条との関係から高度に政治的であり避けた方が賢明だと思われる。しかし驚くべきことに、今回の韓国バッシング派は海上自衛隊は国際的に日本海軍を名乗ってきたので間違いではない、と主張していることだ。
 
もちろん、Japan Navy はJapanese navy が正しく、アクセントが強いので どうしてもピジン英語に聞こえてしまう。もっとひどいのは、韓国艦をKorean south naval ship と呼んでいることだ。英語では‟Republic of Korean Navy”,  ROKNavyが略称である。韓国系英語ブログでも自国のことをROKと書くブロガーもいる。だからROK または South Korea naval ship が適切だろう。Korean south naval shipは英語では意味をなさないピジン英語だ。これまで幾度も合同訓練を繰り返してきたと書かれているのに、どうして最初から双方の呼び方に関しての決まりがないのか?このコミュニケーションの欠落は大きな問題だ。また英語のみによるコミュニケーションに非常に疑問を感じる。日本サイドは韓国語でコミュニケーションも可能であるようにベストを尽くすべきだ。日本語と韓国語は英語より格段に近い。韓国サイドの応答が無かったのは、英語が聞き取れなかったのか、英語で応答できる指揮官がいなかったのか?原因は不明。日本人も韓国人もアクセントが強く、双方通じないケースも多いのだ。
日韓関係が悪化すれば今回のようなアクシデントはリピートになることも十分予想され、発砲事件も起こりかねない。
 
私はここで自衛官バッシングしているのではない。英語社会では、自己や相手を適切に呼びあう事は言葉によるコミュニケーションのグッドスタートとして重要視されているからだ。この動画の中の自衛官はクリティカルな時にプロらしい対処の仕方をしているという印象を受けた。事を必要以上に荒立てている人達がいるようだ。
 
mop**syr さんが彼のブログで書かれているように、韓国バッシングを煽り立てるアベの意図は日本の国益にはならないだろうが、動画公開や文書公開は国民の知る権利でもあり、是非続けるべきです。

トランプのアメリカ:終焉は近い!?

US President Donald Trump inspects border wall prototypes

 
2016年の大統領選挙でトランプは約束した。
『米メキシコ国境にウォールを建てる!心配しなさんな、皆さん方市民には1セントもかからない、なぜならメキシコが全額払うことになっている!』 
 
あれから2年、11・06の中間選挙で下院を失い、モラー特別検察官によるロシアによる大統領選介入事件捜査で側近が次々と有罪を認めてしまい、刑務所送りになりつつある、という追い詰められた政治状況下、トランプ最後の悪あがきが始まっている。最後の、と書いたのは、拙者達大多数の米市民の望みでもある。これ以上、米連邦政府を破壊しないで静かに辞めて欲しいということだ。それほど米国の政治情勢は危機的である。これも日本で報道されているのかどうか、疑問だ。米国内ばかりではなく、トランプの喧嘩売り外交は国際政治の流れまで変えようとしている。
 
上のはトランプのドリーム・ウォール。しかしメキシコ側は1ペソも払うものかとトランプの要求を突っぱねた。
下のは米国の税金を使って作る、ウォール、いやスティール柵で、上部のスパイクに注目。ある朝突然トランプのツィッターで知らされた皆の感想は、これ、蛮族侵入を防ぐ中世の柵のようだ、との事。
しかしトランプはこれがあれば中南米系のレイピスト・犯罪者・テロリストで構成される不法移民を100%防げる、と信じて疑わない。だから国境警備費や警察費など大幅に削減できる、つまりWIN/WINが彼の主張。
ド~スル?
 
Screen Shot 2018 12 21 At 3 55 12 Pm
 
連邦政府は憲法に従い、来年度の予算をどの部署のどのプログラムに入れるか、というファンディングを議会で通させないと金が来ないことになっている。運営費の金がなければ政府が閉鎖されるということになる。これも過去何回となくあったが、中級・下級国家公務員には家計に響く。これらの人々は給料が低めでカツカツな暮らしをしている人が多いためだ。また非常時勤務を強制される公務員には給料遅配となるので、一時的にせよ生活苦に陥る。
トランプは自分のウォールの金が議会に拒否されたからという理由で突然ツィッターで、この通過議案を拒否した、金を得るまでは政府を閉鎖すると脅かしに出た。
トランプは通過議案に署名するという事を明言し、クリスマスは彼のフロリダの豪華マンションで過ごす予定になっていた。メラニア夫人は一足先にフロリダに向かっていた。それが一夜明けての心変わり。
政府閉鎖を止めたいのなら民主党と交渉する用意があると言い張って今もホワイトハウスに籠城中。議員達は休暇で誰もいない。とんでも強気のツィッターを発しながらひたすらトランプ翼賛放送局に成り下がったフォックス・ニュースを見ながら暮らしている、という情報がフェイクニュースから流れている。
政府閉鎖の被害者となった連邦政府勤務者にとって今年のクリスマスクルシミマスになってしまった。

貧困層へのメリークリスマス!?

 
拙住居がある貧民地区は特に悪名高いのでローカル雑誌に特集されたぐらいだ
。その雑誌を知人がたまたまクリニックで見つけて届けてくれた。もう10年以上も前の出来事だ。
ところが、同市の住民で世界的に名を知られたある投資家が老いて財産の一部を貧民街改善に投入。
それ以来拙地区が大きく変わった。今日では、新築ハウスと昔ながらの貧乏家屋が隣接する不思議な光景となって現れた。拙者をはじめ元の住民で残っているのはもう半分にも満たないだろう。安い家賃を当てにしていた不法移民の家族や隣の黒人一家達は次々と静かに去っていった。最近は拙携帯にまで、しつこく拙家屋を買いたい、というメッセージが入ってくる。中でも明日キャッシュを持ってうかがう、というのがあって、これにはさすがに驚かされた。
確かに、あの大富豪篤志家の善意は実ったようだ。ネットで調べると、拙家屋の市場価格が元の価格の5倍に跳ね上がっていた。真実は貧困地区の改善とは貧乏人を追い出すことだったのだ。
 
拙家の近所に彼の寄贈したコミュニティセンターの立派なビルがある。警察署付きだ。そこでクリスマス・ハムの無料配給があるという情報が入り、拙愚娘が早速貰ってきた。上のがそのフォト。
このハムはスーパーではかなり高い。その他はベジ、グリーンビーンとコーンの缶、アップルジュース、ピーナッツバター、ケーキミックス、チーズマカロニ。 ライスとピンとビーンズの袋だ。
ハムとグリーンビーン缶以外は拙家族が日常食べているものばかり。拙家族はハムなどの加工食品が嫌いで、肉、肉、とうるさい。
クリスマスハムは調理前の生のハムで写真のものとは違う。
袋入りのビーンズは数時間煮て、パクチー、オニオン、トマト、ソーセージの刻んだのを加えたメキシコの田舎風に調理して食べる。ライスも白よりメキシカンライスが人気がある。
 
最近のネットで話題になっているのに、避難民の無料フードがうつ症状に関連しているのではないか、というのがある。 難民も似たようなものを食べているのだ。特に豆、米は難民テントの常食となっている。
 
この記事を読んで、なぜ私が無料フードを貰いに行く?本当に必要な人からフードを横取りしているのではないか、という批判が出てくるのは当然だ。拙者及び拙家族は数少なくなってきたオリジナル住民として慈善の対象となっているので、好奇心も手伝って貰ってきた。だから双方満足のWIN・WIN だと思っている。
 
米国で飢えるという事は食糧事情ではなく、他の原因が介在しているケースがほとんどだ。今のところ食糧だけは不法移民労働に支えられ豊富で廉価である。しかしこれもオバマとトランプの過去10年間の不法移民排除政策で、大きく変わろうとしている。米の農家は人手不足で潰れかけている。
トランプの中南米出身者差別政策が続けば米国に本当の飢えの時代が到来するかも知れない。