chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

ラスベガスで銃乱射殺戮:犯人の動機は未だにミステリー

先の日曜日、10月1日の午後10時過ぎ、あの"Sin City"こと、ラスベガスで銃乱射殺戮事件が発生しました。
 
これ、日本の新聞でも大ニュースとなってました。
 
犯人は著名なマンダレー・ホテル32階に陣取り、自室の窓をハンマーでたたき割って、下の広場で盛り上がっていたカントリーミュージックの野外コンサートの聴衆をターゲットに改造オートマティックの銃弾の雨を降らせた結果、わずか10分間で58人死亡し、500人近くが負傷。
で犯人はあっけなく自殺。
 
犯人の名は、ステファン・パッドック、64才。一週間後、10/6の今日に至るまで、懸命な捜査にもかかわらず、動機については、クルーレス(=clueless)、つまり手がかりなし。
地元のラスベガス・ポリスでは、マジで、ビルボード(野外の大広告ボード)をたてて、新たな情報提供者を探そうかという話まで出ているそうです。
 
この事件直後の犯人の弟の涙ながらのインタビュー、
❝信じられない、暴力とは全く無関係な兄は絶対そんなことするような人じゃない❞
を聞いていて、うさん臭さを感じたのは、私だけじゃないようです。
 
案の定、すぐにバレたのは、この兄弟の父親はソシオパス=犯罪人だったということです。犯人が7歳の時に銀行強盗で逮捕、しかし、その後監獄から見事に脱獄、それで、FBIの10大凶悪犯人の一人として全米に指名手配されていましが、それにもかかわらず数年間にわたり田舎州の片隅に身を隠していましたが、ついに再逮捕。
 
それみたことか、親の因果が子に報い、かと思われたが、それがそうでもないみたいで。
 
続いて明らかになったのは、犯人の尋常で、きわめて尋常じゃない生き方。
この人、自分でギャンブラープロと名乗ってますが・・・・
 
2014年の国税申告では職業はギャンブラーとなっているそうですし、2015年にはインカム=収入が何と5億ドル=50億円となっているそうです。おそらく税金を差し引くと、実収入は半分ぐらいか。
しかし、犯人が弟に語ったところによると、一年に1億ドルはギャンブルするそうですから、2016年から赤字に大転落という可能性も。ギャンブルで連戦連勝はあり得ない、ギャンブラーが手ひどく損するのがフツー。だから、その線でも捜査中だそうです。
 
それから、犯人のガールフレンド=内縁の妻、ことフィリッピン女性、62才、マリロー・ダンリー。
下のフォトは2013年に二人でフィリッピンを訪れた時のものだそうで、いかにも人の好さそうな白人の好々爺が犯人、その横のパープルのシャツ姿の女性がダンリーさん、と書かれていました。
フィリッピンの伝統にのっとって、指で食べたようです。
拙者もフィリッピン人知人に招かれて指で食べましたが、結構美味しさが増すから、不思議です。カルチュアに生きる知恵かも知れません。
 
 
Image result for las vegas shooter girlfriend
 
実はこのフィリピン女性についても、最初から、典型的なフィリッピンからのメイル・オーダーブライド、のように見られていましたが、実はこのダンリーさんは、オーストラリア国籍。一人娘さんは加州でホンモノの金持ち一族に嫁いでいるそうで、またまた、捜査のあてが外れた格好。彼女の甥と名乗る若者がインタビューに応じていましたが、何しろ豪州訛りがひどくて、拙者にはよく分かりませんでした。
 
犯人のステファン・パドックはニ週間前にダンリーさんを強制的にフィリッピンに旅行させ、大金一万ドルを送金したそうです。彼女サイドは、これは別れの手切れ金、フィリッピンの家族の為に家でも買うように、ということだと解釈した、なんて調子のいいことを言っていますが、バカげてますね。
一万ドル=1130万円だそうですが、今日のアメリカでも日本でも大した額ではないと思いますが、違いますか?
 
一万ドルの手切れ金なんて。この犯人には、非常にケチくさいところがあるようです。
 
下のフォトはラスベガスの犯人のホームですが、2014 年に$369,022、キャッシュで買ったそうですが、ラスベガスのリタイヤメントコミュニティではごく平均的値段ではないかと。
一番端に位置していて、孤立している以外は、別に利点はなし。フツーにリタイヤした人には、自己で積み立てた退職金があるのですが、一挙に引き出すと、高率の税金が課せられますから、ローンを組んだ方が得。しかし、犯人の場合は、自己のキャッシュですから、ローンは損、と考えた為
でしょう。これについても賛否両論あり。
 
Image result for las vegas shooterじつ
 
実は、犯人のようなギャンブラーのライフスタイルは、アメリカ人の憧憬の対象、理想なのです。
不動産を売り買いした利益がギャンブルの元手となっていると想定されますが、真相はいかに?
まさか、ISISからの資金援助!?
 

謎の❝DOTARD❞


Image result for rocket man kim

 
拙者は英語圏の韓ドラ・ファンの一人である。外国語音痴カルチュアの中で育った日本語人にとって韓ドラこそ韓国カルチュアの理解には一番好都合だと確信している。
 
韓ドラの面白さは、何と言っても負け犬根性にある、というのは拙者の全くの独善的自論。しかし今回はその韓ドラの世界が何と国際外交の場で大展開とあいなった!
言うまでもなく、北の肥満児将軍様 VS メイド・イン・アメリカのイジメ大統 を指している。
双方の負け犬の遠吠え合戦だ。
 
9月18日の国連総会でトランプは米大統領としての初めての演説
 
Rocket Man is on a soucide mission for himself”
なに、あのロケット男は、自分で勝手に自爆したがっているだけだよ
 
 
と北の将軍様を大っぴらに皮肉ったのがブーメラン効果
9月21日にはDPRK=北朝鮮側から英語の反論。
その中に、英語人にはちょっと聞いたことのない、語彙❝DOTARD❞が2回登場。
米英語圏で生活している私達には感覚的に意味はとれる。 口語のDORKRETARDを合わせたようなものだからだ。意味は明らか。うすのろ、バカ、阿呆、発達障害の類。
下がその2箇所
‟Action is the best option in treating the dotard who, hard of hearing, is uttering only what he wants to say”
上のを日本語に合うようにまた意訳すると、
 
老人性難聴のせいで自分の言いたいことばかり喚き散らすボケ老人には、行動あるのみだ
 
‟I will surely and definitely tame the mentally deranged U.S. dotard with fire.”
私は、今や精神錯乱に陥った米のボケ老人に火傷を負わせてでも、しっかり思い知らせてやるぞ
 
と、明らかに脅迫まがいの負け犬の遠吠え
 
ワシントンポストによれば、もともとこの‟ dotard” は韓国語の「老いぼれ」の英訳だそうだが、それにしても、老人を極度に敬う儒教の国は一体どこに?
また同紙によれば、dotard はシェークスピアのリア王にも出てくることから、エリザベス朝イングランドではポピュラーな語彙だったようだが、近年はすたれてしまっていたらしい。で、どうしてこの語彙が北の肥満児将軍様の英語の御声明に?
おそらく古い英語の辞書を使ったせいだろう、とのありがたいご推察が。
 
700を超えるコメントには、なぜ金王朝が今日までサバイブしているのか?とっくの昔に消滅しているはずなのに、というのも多かったが、どうかトランプと一緒に消えてくれ、というのは米市民の本音だろう。
今ではマジョリティの米市民は、トランプが何等かの形で退場してくれることを切望しているのだ。
 
それにしても相変わらずのKYパフォーマンスで国内の井蛙日本語人連中のおだてに乗り切っているかの国の首相に拍手!オバマ君からトランプのポチにヘンシーンすると日本国のイメージダウンにまた加速度がつくという論理的思考の欠如に注目。しかも
トランプのお友達は必ずしも米国のお友達とは限らない。
 
 
 
 
 
 
  
上のTシャツはわずか$17.いろいろな種類があります。
こういうの、日中韓でぜひ着て欲しいです
北の肥満児大将軍が最も恐れているのは、何といっても自国民やアジアで彼に対する嫌悪と反感を大っぴらにされること。これをしなければ、たった一人の肥満児様のエゴ満足の為に、多くの人が死ぬことになります。

安倍晋三のNYタイムス寄稿:私はUSを強固にサポート

安倍晋三の名でNYタイムスに掲載されたオピニオンだが、もちろん安倍自身が書いたわけないのだろうが、これに対してコメント数212という反応があった。コメンテーターの中には日本人もいた。しかし日本ではぜんぜんトピックになっていない。
英語は中学生程度。これ、米のローカル新聞のスタンダードでもある。ぜひ、年金暮らしの暇人は読んでみてください。
安倍政権の『米のポチになって後ろ盾を確保、返し手で中韓敵視を展開外交』は日本に害をもたらした、というのがこの政権に対する歴史的評価だろうと思っているが、このオピニオンでは、彼の日本は北朝鮮の一方的被害者となっている。元祖極東の🐺オオカミ老年(総理となって老化が激進)の面目躍如!
 
 
 
Shinzo Abe: Solidarity Against the North Korean Threat
❝北朝鮮の脅威に対し連帯を❞
by Shinzo Abe Sept.17. 2017    NY Times
 
 


以下はほんの抜粋。
They are an important step, but the leadership in Pyongyang has consistently ignored previous resolutions. The international community must stay united and enforce the sanctions.
過去に約束を破り続けた北朝鮮には制裁あるのみ
 
North Korea has targeted Japan in particular by abducting many innocent Japanese citizens, including a 13-year-old girl who was abducted in 1977. Most of them have been held in North Korea since the 1970s and 1980s.
北朝鮮は70年から80年代に日本を拉致のターゲットに。多くの一般市民が拉致され、その中の一人は13歳の少女だった。
 
 
How could North Korea relentlessly pursue missile development and nuclear tests over almost half a century? How could North Korea, under successive United Nations sanctions for a decade, acquire enormous resources to obtain crude materials, components and powerful engines? Statistics show that there are countries, mainly in Asia, that continue trading with North Korea; and for some, as recently as in 2016, their trade even exceeded that of the previous year. According to the United Nations, foreign-made parts have been used in North Korea’s ballistic missiles. There are countries buying products and services from North Korea or accepting its workers. Front companies established in Asia enable North Korea access to foreign currencies.
上文では、北朝鮮を支援している中国、ロシアを名を上げないまま非難。ああ、小国の悲哀!
 
 
 
North Korea poses a serious threat and challenge to our world, and its actions flout the international nonproliferation regime. As swiftly as possible, we must make North Korea end its provocations, abandon its nuclear and ballistic missile development, and return the abductees in North Korea to their homes.
北朝鮮は核兵器と弾頭ミサイルの開発をやめろ、拉致被害者を母国に帰せ。
 
Japan has responded by reaffirming the ironclad Japan-United States alliance, and Japan has coordinated in lock step with the United States and South Korea. I firmly support the United States position that all options are on the table.
日本は米と韓国としっかりと歩調を合わせてやってきた(ホンマかいな?)
最後は、USを強固に支持する、などと忠誠の誓いで結んでいる。独立国のトップがこんなこというか?
 
米人のコメントには、行き過ぎなのでは、というのがいくつかあった。
拙者は現役で働いていますが、212のコメントを全部読みました。ああ、疲れた。
 

日韓フリーハグズ

Image result for フリーハグ

 
YOUTUBEをサーフインしていると見つかったのが、この動画。これらは、フリーハグ・ムーヴメント(=Free Hug Movement)と呼ばれている新しい❓街頭アトラクション。
 
もともと ハグ=hug というのは挨拶の時互いに軽く抱き合うことなのだが、これをもっと延長して街頭でできるだけ多くの見ず知らずの人と挨拶のハグをしよう、というのがこのフリー・ハグズであるようだ。 もちろんハグするからには相手は友達ってことだ。
 
誰だって人生の中で必ず一度や二度は誰かにハグして欲しい、という落ち込んだ時があるはずだ。
 
このフリーハグズはYOUTUBEを通じて大きな反響を呼び起こしているそうだ。
それは、日本人の若者が韓国で、韓国人の若者が日本で、これをしたのが理由だ。
 
下のはその動画サイト
 
 
下のは韓国女性が日本でフリーハグズ
 
とにかくハグする人達の笑顔が素晴らしい。

人災ハリケーン・ハーヴィー

天災ハリケーンは数年、いや十数年に一度は必ずやってくる。拙者でもハリケーンに直接遭遇したことがある。
 
それでも金持ちは従来はスワンプと呼ばれる低湿地帯に高価な家を建て、被害を受けるのだが、この人達は保険をかけているからまだいい。今回のヒューストンは不法移民のメッカ、こうなると貧乏人はひたすら逃げるだけ。
拙者の知人には、親戚多数が避難してきてアパートは足の踏み場もない、という人がいる。大変に気の毒だと同情したのもつかのま、今度は災難がこちらに降りかかってきた。
 
それは先週木曜日の夜、お節介焼きのセクレタリーが職場に電話をかけてきて、ガソリンが無くなる、と警告したことからはじまった。
たしかに、ヒューストンの精油施設は操業停止であるが、まさか?
とにかく職場は大騒ぎ、皆がランチブレイクをとって車を満タンにしてきた。拙者は半タンだから行かなかった、しかし職場の同僚からはかなり批判的な視線が。
明らかにこのガソリンパニックが原因で市のガソリンスタンドはガス欠状態に。日曜日過ぎまでガスはないとのこと。拙娘夫妻からも、家から出ないようにキツイお達し。なお拙娘夫妻はムコ殿のトラックもすべて満タンにしてきたとのこと。
下の写真では、多くの人がガソリンコンテイナーに余分なガソリンを買い込んでいる。
 
Image result for gas shortage DFW
で、問題はその下、この男が給油しているのは、大型のトラッシュカン、収集日にゴミを出す容器で大型ドラム缶並の許容量。この人の他にも、スパークレットウォーターの大型ビンにつめる人、とか、いろいろフォトがでまわっている。

Image result for gas shortage 2017
 
ガソリン不足は、皆が一斉にガソリンスタンドに押しかけたのが原因で、ハーヴィーのせいではないのだ。

狂気の米大統領

❝No one should be judged by the color of their skin,
but the content of their character”
『人は誰もスキンカラーによって判断されるべきではない、しかしその人の性格によって判断されるべきだ』、というのは1964年のワシントン大行進を率いたキング師の有名な演説の一節。
これが最もよく当てはまるのは、言わずと知れた我らが人間の屑大統領トランプ。
 
8月12日のシャーロットビル事件から8月22日のアリゾナ州フェニックス市でのトランプ・サポート大集会で、米国市民のトランプを見る目は大きく変わった、いや、トランプ自身が変わったのだ。この男、自分のエゴを仮面の下に隠すことをあきらめた、といった方が図星だろう。
 
 
Image result for trump cartoon charlottesville va
 
米国は1965年の公民権法制定以来、人種及びジェンダー差別の撤廃を目指してきた。単に法を制定するだけではなく、アファーマティヴ・アクションにより、有名校や官公庁の強制的人種多様化を実施してきた。ネオ・ナチやKKKなどの非白人蔑視を目的とする団体は、反ヘイト法によって厳しく規制してきたのだが、それが今回の大統領トランプの発言でまったく怪しくなってきたのだ。
 
トランプの指摘するところの種差別を掲げる素晴らしい人は一人もいない!
これが米国市民の常識である。 
 
狂気の米大統領というのは、私の勝手なレッテル貼りではない、昨日8月22日の夜アリゾナ州フェニックス市でのトランプサポート・ラリー(=支援大集会)での彼の演説を聞いた政治家やマスコミ関係者、そして何よりも大多数の米国市民の率直な感想である。もちろんこれは彼が最初の狂気の大統領でもない。ウォーターゲート事件発覚後のニクソンも狂気の大統領と呼ばれた。ニクソンの時のように、マスコミでは、いつまで続くかトランプ政権というわけで、その日時を予測する著名人も現れ始めた。
トランプが任期途上で辞めるか辞めさせられるかという非常事態になることは、多くのアメリカ人が望んでいることでもある。
 
トランプ大統領が次々と出してくるの新政策は、すべて pay back time =やられたからやり返す、であり、底に悪意を感じているのは、私だけではない。
確かに、二大政党という、全く方向の違う政党が政権交代を繰り返すのは、一政党のやり過ぎを是正するという働きがあり、米国民に広く支持されているが、トランプのように反対派に報復というのは、明らかに正気の線を越えている。
 
Image result for trump cartoon charlottesville va
 
上のは撤去される南軍民兵の像である。リー将軍の子孫も、内戦時の南部連合大統領デービスの子孫も、揃って銅像撤去に賛成している。
 
なおトランプは、8月25日には、アリゾナ州のレイシスト保安官として悪名高いアーパイオ氏に大統領恩赦を与えた。全くの独断である。
この元保安官は85才という高齢だが、この7月に、差別をやめろという連邦検察局の勧告を無視し、メキシコ系を差別し続けたあげく、法廷で自分のクビを救うためにウソの証言をした、というので、法廷侮辱で有罪となったばかりだ。が、本人には全く反省の気配はない。自らの違法行為を全く反省しない、元警察官に恩赦を超特急で与えるとは、法治国家の大統領のするべきことではない。やられたら、やり返すという、この大統領のオツムの構造は、誰かにそっくり。
そうだ、あの、北の豚将軍様。

差別は続くよ いつまでも:トランプ大失速


CDP 0812 rally154.JPG

 
上は、バージニア州シャーロッツビル市の公園にある、『リー将軍』の像。彼は南北戦争(米ではCivil War=内戦)時の南軍総司令官。バージニア州で生まれ育った。初代大統領ワシントンの縁戚にあたる。この人の像が市議会で除去されることに決まったのはつい最近のこと。
 
リー将軍は、奴隷制には反対だが、祖国バージニアに従って南軍で戦う、と言ったそうだが、そんなのは屁理屈。
バージニアのあちこちでよく見かける南軍兵士やリー将軍の像には奴隷マスターという特権を奪われた地元白人達の恨みと、セグリゲーション=白人優位は絶対に止めないという決意がしっかりとこもっている。
ジム・クロー(=英語版カラスの勘三郎)という皮肉をこめて呼ばれた黒人を差別し、貧困から這い上がれないような条例を制定し、それでも立ち上がろうとする黒人はKKKがリンチで面倒を見るという、全く非人道的なやり方で黒人を押さえつけてきた。これが南部であり、かっての南アフリカと全くのいい勝負。
‟ Separate but Equal”という米国流アパルトヘイトは、南北戦争終結100年目の1964年の公民権法の成立まで続いたのだ。
黒人専用のトイレや水飲み場、黒人お断りのサイン、黒人学校に黒人ホスピタルなどはもう跡形もなく消え失せてしまったが、なぜかこれらの像(奴隷マスター)は2017年の今日まで残されている。
今回のリー将軍像の撤去に反対するラリー(大集会)が白人至上主義者によってネットを通してオーガナイズされたのだが、そこには予想以上の多くのその手のグループが参加することになってしまった。その中には暴力的なネオナチ・グループがいたことから、これもネットで、カウンターアタックがオーガナイズされ、事態は急速にエスカレート。
8月11日の夜、のシャーロットビルに集結したネオナチ・KKKは例の、2017年版たいまつ行列をおこなった。それが下の写真。
 
 
‟Jews will not replace us”=ユダヤなんかには絶対に引き下がるものか(これ拙者の意訳)
 
これがネオナチの叫びだったそうだが、なんじゃこれ?リー将軍の像とのつながりがまったく見えない!のは拙者だけか?
しかし、声はともかく、上の写真はネットで大拡散、おかげで写真の参加者の身元がばれるというはめに。右側の白人は仕事をクビに。
真ん中の人は大学生だがもうその大学へ戻れないことは保障してもいい。その他に、親がTVに登場し、息子への勘当宣言をしたというのも。
これはKKKの白頭巾をかぶらなかったせいで自業自得。
それから、このラリーはチキトーチ・ラリーと呼ばれることに。
参加者が手にしているトーチはチキトーチという竹製なのだが、これ、夜のバーベキューパーティーにとても重宝。拙者も使いました。
下はチキトーチの売り場に早速出されたサインが下。
 
 
‟これらのチキトーチを人種差別のクソ***に使うのはどうかやめていただきたい、ケツの穴(=阿呆バカ)のナチの皆さん”
 
ところでついに犠牲者が出た惨事が起こったのは翌12日の土曜日。ネオナチと反対派のはでな街頭闘争でマケソーになり、焦ったネオナチメンバーが、群衆に車で突っ込んだ。この容疑者は以前から精神疾患を抱えていた、と報道された。
この事件でババ抜きのババを引いたのは明らかにトランプだ。只今彼は大失速中。もう北朝鮮どころの騒ぎではないようだ。
 
追記:リー将軍の研究家によれば、リー将軍は彼や南部民兵の像が雨後のタケノコのごとく故郷バージニアのあちこちに建てられることに反対していた。南部連邦旗をかかげることにも反対だったそうだ。旧南部のシンボルである像や旗は、病弊した南部復興の妨げになる、というのが理由。彼が指揮した戦闘もできることなら忘れて欲しかったようだ。