読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

日本人を辱めるネトウヨ

3月16日にNYで開催された国連による女性の地位委員会NGOフォーラムでネトウヨがパネルを組んだそうだが、そのメンバーの一人、ネトウヨ歴史家・細谷清氏が日本人を辱める大暴言を言い放ち、会場を唖然!
もっともこのネトウヨ・パネルにはかなりの人が集まったらしい、要するに、フリーク・ショーだ。以下は現在ネットで拡散されているツィート。
 
 
エミコヤマ – ‏@emigrl

講演開始三分半から「あなたたちには日本人と韓国人や中国人の区別は付かないだろうが、
日本人は弱者をいたわる。韓国人は溝に落ちた犬を叩く文化」と発言して部屋に動揺が広がる。
「韓国文化を批判しているのではない、文化が異なると言いたいのだ」と主張。


いい、これ、国連女性の地位委員会のNGOフォーラムでやってるのよ。
世界中から女性の権利にかかわる活動をしている民間団体の人たちが集まってるのよ。
そこでこんな暴言を開始三分で言っているんだから、そりゃ観衆にそっぽを向かれるよね。
それって韓国や中国の洗脳と関係ねーだろ。

「慰安婦とは何か?慰安婦は慰安婦でしかない。戦場に置いて日本軍を追いかけていた
ハイリスク・ハイリターンの売春婦だ」と主張。部屋が騒がしくなってくる。これ想像だけど、
発言者の英語がうまくないおかげで、まだ「まさかそんなこと言ってないよね?」って半信半疑な人が多いんじゃないかな。
 
 
『みぞに落ちる犬をたたく人』は立派な精神病患者、という欧米人の認識を全く知らないのだろうけど、それにしても、ひどい。
❝弱者をいたわるのが日本文化❞なら、朝鮮半島植民地化も慰安婦も、悪名高い日本兵の残虐行為も歴史的に存在しないはず、バカもいい加減に。
国際社会では、日本も韓国も対等、つまり、競争相手である、という認識が全く理解できていない。井の中の蛙メンタリティそのものだ。