読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

『太陽の末裔』、韓ドラ大ヒット!

DescendantsoftheSun.jpg
 
 
 
ある嫌韓トロルさんから以下のようなヘイトコメントを貰った。

 今まで日本(朝鮮?)との約束を散々裏切っている韓国(日本?)。
嘘つきペテン師の文化の民族。
以上は間違いないですよね。笑)

おかしいのは、韓国を(日本)と書き換えると、まるで反日韓国系コメントと同じ。ただし、韓国側からのコメントは日本の韓国植民地化(併合?)についてであった。
 
この嫌韓トロルさんの頭の中で、怒り・憎しみの対象が中・韓となって、結晶化してしまっている。私達の中枢神経には、ネガティヴからポジティブに思考回路を転換する機能があるはずなのだが、これが効かなくなってしまうケースがある。原因は、過剰ストレス、年齢、病気、等々。もうこうなると、そういった人達は、ネガティヴ思考内で堂々巡りだから、お手上げだ。
こういう人たちは、現実から目をそむけ、他人に自分の考えを押し付けるから要注意。他人の迷惑などは眼中にない。
 
日本人は韓国人&文化大好き、または、並々ならぬ興味を抱いている。世界の中でただ一つ、日本人と何もかも似ているが、やはり違った、という不思議さ。韓国人も同様のようだ。現総理大臣夫人が韓ドラファンであることは誰でも知っている。夫が嫌韓で、妻が好韓、若い人はK-POPに韓ドラ、これが日本の現実なのだ。
 
ついこの4月の終結した韓ドラ、‟Descentants of the Sun”=『太陽の末裔』だが、最初のエピソードから、英語圏のアジアンドラマファンの間で爆発的ヒットを飛ばした。中・韓の人気ドラマは一回ごとに放送終了直後英字幕でネットに登場することになっているのだが、この太陽の末裔も同様だった。ただし、あまりにも需要が高かったので、プレミアム会員費を要求する大手ドラマサイトも現れた、しかしどんどんと新しいドラマサイトができたりして、この企ては失敗に終わったようだ。
 
韓ドラについては、大ヒットした『奇皇后』のように見始めるとやめられなくなるという中毒性がある、と報告が。これは、アジアンドラマのレヴューサイトでもよくカキコされていた。
今回は、中国政府が、このドラマの中毒性について中国視聴者に警告を発していた
 
このドラマ、太陽の末裔は、ロマンス・冒険・医療がミックスされているのがセールスポイント。ドラマのテンポが速くて退屈しないのがよい。
ストーリーは、内戦が続く中央アジアの某国に派遣された陸軍特殊部隊のキャプテンとそこで医療奉仕する女性医師のロマンスを中心として展開していくのだが、
ドラマの韓国陸軍の特殊部隊というのは、米陸軍のarmy rangersのコピーキャット。しかし、軍人気質が出ていて面白いのだが、当の韓国の男性には不人気だそうだ。彼らは、あの強制的ミリタリーサービスを思い出すのも不快だとか。
上のピクチュアは、派遣された某国で大地震が発生、韓国政府支援のプラントが崩壊し、キャプテンは犠牲者救出に女医は医療手当に従事するというシーンからだが、女医が持っている救急バッグパックに注目。実はあの中には何があるのか興味があるのだが、拙者は、このエピソードまでまだ見ていない。仕事が忙しくて残念。来月から日本のTVで日本語字幕でオン・エア。
 
ネットでは英字幕の日本ドラマが出回っている。使われている英語は、中学終了程度で十分理解できる。英語の勉強もかねて、暇つぶしにみたらどうだろう。