読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

愛するアリゼ and/or ムカつくw

 
 
 
 
Alizee, アリゼちゃんは、日本では、「恋するアリゼ」と銘打ったブルボン・クッキーのCMですっかりおなじみに。
ナポレオンと同じコルシカ島出身、最初で最大のヒットソング、『私はロリータ 』 ‟Moi, Lolita” で一躍ヨーロッパのロリコンおじさん達のアイドルに。
彼女のパーフォーマンスを見れば理由は一目瞭然、説明の必要なし。
しかし、ロリコンおじさん達を「ヘンターイ」と呼んで一方的に断罪してしまうのは極端に一方的で、フェアじゃないような。
 
拙ブログで記事にした『旅の重さ』という映画、これは主人公の思春期をテーマ
にしている。思春期には、性ホルモンの分泌がはじまり、いよいよ生殖モードに突入。つまり、女(の子)の方もパートナー探しに忙しくなるというわけ。性ホルモンはムードに影響するから、反抗期の幕開けである。
 
『アイドルを探せ』、1963年、のシルヴィ・バルタンは今日でも日本のシャンソン界の永遠のアイドルだが、歌詞は、「今夜のダンパー(これ、今の日本では死語ですね)で女王様になって、今日こそは好みの男を捕まえてやる」というもの。しかし、これでは日本語の題が与えるイメージと歌詞との間にちょっと差があり過ぎないか? こんなことを書くと、ムードを壊すなと逆切れされそうだ。何しろ、おフランスは愛のメッカ。
 
誰だ、彼女に捕まりたい、と思っているのは。
 
能書きが長くなって申し訳ないが、日本では、『恋するアリゼ』、原題は ‟J'en ai marre”, 気分悪い、つまり、「ムカつくw」 (これ、拙訳)。だから、恋とは関係ない。
 
ところでアリゼちゃん、何にムカつくって? 
 
これ、私の問題じゃない(つまりあなたに問題が=フランス人の決まり文句)
これが私の癪に触るもののリストよ
 
不平不満ばかりで
どこへも行きようがない
固定観念から
私への批判を止めない人には
本当にムカつくw
でもその人がホンモノのテロリストなら話は別。
 
社会は暗黒、私を偽善者とレッテル貼って
大物ぶってる人(お局様)
すべてが気に入らないと、いつも
泣きっつらの人。
ムカつくw
 リストは延々と続くのだが、最後は
ワタシね、ムカつくことにムカつくw
これ一体どーゆーこと
 
ところで、彼女のMVを見た人は、アリゼのセクシーなダンスはナンだ
と思うはずだ。実は、歌詞によれば、彼女はバブルバスの真っ最中
金魚さんと一緒に、というわけで、歌う彼女のバックには赤い金魚。
 
見て、私のすべすべしたお肌
バブルバスの中
全く平穏
身体も心も
すっかりリラックス。
 
ところが、出ました、日本のアリゼちゃんこと、鏡子ちゃん、ノーパン、割れ目チラリだそうですが、アリゼちゃんの見事なコピーキャット
 
おーい、金魚がないぞ!は英語コメントからでした。