読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

小野田寛郎の死と不都合な真実

 
    弔辞
 
 
当時、小野田少尉と小塚1等兵は「狼煙(のろし)作戦」と称して、銃撃や収穫した米に火を放ち、住民に対する威嚇と自分たちの存在を誇示する行動をとっていました。

1972年10月19日
この日が小塚1等兵にとって運命の日となります。

夜明けとともにテリックの町を見下ろせる丘に出て威嚇射撃をし、作業中の住民が逃げ出すと稲むらに火をつけました。
あちこちから火煙が上がり2人は引き揚げようとしますが、大きなドハの木の脇に積んである米俵を見つけた小塚1等兵は、火をつけるために近くへワラを取りに行きました。

しかし、この行動が小塚1等兵最後の行動となってしまいます。


以下、小野田寛郎著「たった一人の30年戦争」より

その時、私は、耳たぶが引き裂かれるような空気圧の衝撃を受けた。
しまった!至近距離だ。
私はドハの大樹わきのブッシュに頭から飛び込んだ。小塚も転がり込んできて、自分の銃をつかんだ。
敵は激しく撃ってきた。
応戦しながら、背後の谷へ一気に走れば離脱できる。
いままで何度もあったことだ。
だが、どうしたわけか、小塚は一度つかんだ銃を取り落とした。
「肩だ!」
小塚が叫んだ。
振り向くと右肩から血が流れていた。
「銃はオレが持って行く。先に走れ!」
「胸だ!ダメだ」
私は小塚の銃で五発、自分の銃で四発撃った。
小塚が逃げる時間を稼ぎたかった。
敵の銃声が途絶えた。
いまだ!私は二丁の銃を持って後ずさった。
退いたものと思っていた小塚がいた。
「小塚! 小塚!」
私は片手を伸ばして彼の足首を握り、激しく揺すった。
反応がない。顔をみた。見る間に両眼にスーッと白い膜がかぶり、口から血が流れ出た。
私は両手に二丁の銃を持って、一気に灌木の斜面を駆け下りた。
激しい銃声が後を追った。
私は最後の戦友を失った。
小塚、51歳であった。


小野田氏の手記では、銃撃された小塚1等兵がその場で死亡したように書かれていますが........
 
検視解剖の結果、遺体の胃には100cc近い量の血が飲み込まれていて、銃撃を受けた小塚1等兵はその場で即死したのではなく、数分間は生きていたようです。
さらには、刃物で切り付けられた無数の傷が体中にありました。

丘の上で銃撃され、ドハの木から急な斜面を谷に降りた小さな水の流れの手前で血みどろになって倒れていた小塚1等兵。
警察軍に対し最後の力を振り絞りナイフを振り上げようとしますが、数発の銃弾を撃ち込まれ「オーイ」と誰かを呼び息を引取りました。
そして、遺体が麓の町まで運ばれると、日本兵に恨みを持つ住民達が蛮刀で切り付けたようです。


人生の半分以上を小野田少尉とジャングルで過ごし、家族を残し51年の生涯を閉じた小塚金七1等兵。

最後の力を振り絞りナイフを振り上げた瞬間何を思い、誰を呼んだのか。
小塚1等兵の無念さが伝わってきます。
 
ー以上、勝手にコピペいたしましたー  アカベコさん堪忍してや
 
 
 
生きている人の眼と死後直後の人の眼には見た目はあまり差がないように思えますが..............
 
 
  
 

日本の皆様さん、コメントありがとう。

上記の記事からのみ推測すると、小野田少尉は、負傷しショック症状に陥った小塚一等兵を残して、彼の銃を手に急いで撤退してしまったようです。

小野田氏の名がでる度に拙者はなぜか小塚一等兵のことを思い出してしまうのです。棺におさまったよれよれの軍服姿(?)の写真が印象的だったせいでしょう。小野田氏の帰国後は彼の名は全く忘れさられてしまったようです。 削除

反安倍バッシング

私は東京都知事候補の鳥越氏の名さえ知らなかったのだが、あるブログで、この候補がもう十年以上も前にした発言、拉致被害者を北朝鮮に返せ、は絶対に許せない、都知事にしてはならない人だ、というのを読んだ。
 
それで、以下のようなコメントをカキコ。
 
これ、15年も前のかなり過去の話ではないですか。今、彼がどう考えているか、話を聞いてみたいというのが、私のようなフツー人のスタンスではないですか?
 
このブログ記事のソースは明らかにyoutubeのネトウヨサイトのプロパガンダ動画なのだが、ブログ主は、確固たるソースだと思ったと返答してきたところから、何も知らないらしい。また、この人はネトウヨではない。
この怪情報のソースの一つは、作家百田尚樹氏のツイッターにあるらしい、が真相は今だに不明。
 
ところが、偶然見つけたのは以下の記事、拉致被害者を北朝鮮に返せ、といったのは、実は安倍総理だった。
 
 
 

Rest in Peace ダッカの犠牲者達

7月2日の夜、パキスタンの首都ダッカの富裕層向けのカフェがISISテロリストグループに襲撃され、外国人客が惨殺された。日本人7人がその中にいた。同様に3人の米大学の学生も惨殺された。
彼ら3人は、米国有名大学、バークレー校、エモリー大学に在籍し、優秀な学生であり、将来が嘱望されていた。
Abinta Kabir, Faraaz Hossein and Tarishi Jain
 
真ん中の Hossein君は、バングラデシュ出身であるので、釈放の許可がテロリストから出た。しかし、彼の連れの女子学生は、一人はバングラデシュ国籍、二人ともダッカ育ちであったにも関わらず、ヒジャブ、黒いベールを被っていない、西洋のドレスを着ている、とケチをつけられ、釈放を拒否された。
このHossein君は、それで友人の女子学生とそこに残ることにした、とニュースで伝えられている。
 
彼の勇気に拍手を!
 
この事件の現場となったこの、Holey Artisan Bakery というカフェは2年前に開店した。焼きたてのベーグルやクロワッサン、ピザなどを提供していて、値段は地元庶民にはちと高すぎるが、金持ちや外国人にはまだ安い、といった具合だったそうだ。オーナーはこれで閉店だと言っていた。そもそもテロリストが、アッラーアクバル、という決まり文句を叫んでこのカフェに突如侵入した時、従業員にはもうこれは予想していたことらしく、すぐにかねてからの逃げ口を使って脱出だ。その時オーナーは都合よく不在だったとか。
その後、テロリストはISIS系のサイトで、恐ろしい惨殺現場を流した。このテロリスト達が ISISとは無関係だと報道してる日本のマスゴミの裏に隠された意図は何だろう?どうせバングラデシュに恩を売り、その返し手で、自分達にかかる火の粉を払おうということだろう。
現地の国民的宗教慣習はレスペクトされるべきだ、そういった指導はなされていなかったのだろうか。国民大多数が無宗教の日本人には理解しがたいことだが、宗教は神社の柏手や寺参りでは済まない、それは生活なのである。
 
下のは、NYの不動産王、いや最近では、脱税王、NYのオレオレ詐欺王、となったトランプ候補に対抗する野球帽。$20です。しかし、なぜ、これが拙者のブログに?自分でもわかってません。
 

 

 

 

 

 

日韓ヒップホップ It G Ma 

  •  

 

 
 
韓国で大人気のラッパー達、Keath Ape、JayALLDay, Okasian、日本のLoota,Kohhが一緒になった結果が、この‟It G MA”。  テーマは、韓国語を英語発音で表したものだそうだ。
意味は『絶対忘れない』。
 
しかし、曲の50%が韓国語、40%が日本語、10%が英語 だというわけで、一体全体100%意味の分かった人がいるのかという疑問がでてくるのも当然。
それでも、この曲、ネットでViral大拡散、海外で多くのファンを獲得。
 
もちろん、この曲のスターラッパーは韓国系 Keith Ape。韓国の高級ブランド製品の、カモ(迷彩服)を着こんでいる。何といってもアジア系バッドボーイのオーラが凄い。
 
しかし彼を完全に喰ってしまったのが、日本人ラッパーのLoota と Kohh。
Why? Loota の武士道をおもわせる歌詞と、Kohh の 『ありがとう』というセリフが大受けしたからだ。
下にコピペしたフォトがそれ。 
 
それから、この‟It G Ma” は 実は パクリ。 米の黒人ラッパー、OG Mako が、ドロボー韓国人、とツウィッターして一時は大騒ぎに。 しかし、金で見事解決。これで心おきなくこのソングがエンジョイできるということにあいなった。本家よりグー。
 
ではここでテーマについて。何を絶対忘れない? 
KeithとJayALLDAYが連発している文句は何と
 
 잊지 마, 잊지 마, 우리가 이찌방(一番)
It G Ma, It G Ma, Uri ga Ichiban.
Don't forget, don't forget that we are Ichiban.
 
一番 Ichibanはもちろん日本語!私には、オレが一番、と聞こえたが?
 
‟You are you,I am me, accept that shit”
オレはオレ、オマエはオマエ、このクソ事実を認めろ
 
というように、過激な歌詞。つまり、格差社会からのおしつけはまっぴらごめん、というわけだ。
 
実はこの曲は、2番目のラッパー、JayALLDAYが中心となって作られた。彼は韓国で生まれ、米国で育ち、また韓国に、そして日本でも暮らした経験がある。彼は今の日韓関係の悪化についてこう言っている。
 
We have a history behind us I don’d give a fuck about it I think it better for our generation to do positive things together. It is not about a country,it is all about a person。
私達の背景には歴史がある、しかしそんなものは全く気にするべきじゃない。ポジティブな事を共にやることが我々の世代のためになる。国としてというよりも、一人の人間としての方が大切だ。
 
 
過去の話すんのださいから
昔のこと忘れちゃったらいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

慰安婦映画『帰郷』を見たい方へ

  •  
以前にこのブログで取り上げた 慰安婦映画 『帰郷』 ‟Spirits Homecoming”を youtube で見つけた。残念ながら、中国語字幕。それでもストーリーはとれる。興味のある人、下をクリック。
 
この映画は下のハルモニ(元慰安婦)が描いた絵にインスピレーションを得て作られたそうだ。
 
この映画では、国に眠る英霊たちヘンタイのレイピスト、となってしまっている。
舞台となった満州の慰安所は、強制収容所をモデルとしているようだ。
 
だからといって、この映画がウソだ、というのは無理である、しょせん映画は映画、フィクションの世界なのだから。何と言っても責任は、慰安婦達を軍需品として戦場に送り込んだ当時の帝国政府と軍、統帥権のあった天皇にある。
 
連合国側は兵士達に、性病感染と予防についての教育映画を見せ 戦場で売春婦を買う事を自粛するように伝えていた。何という違い!
 
 
 
 
 
Part 1
Part 2

The Last Comfort Women 最后的慰安婦

‟The Last Comfort Woman” 2014、 は韓国映画で、慰安婦を題材にしたもの。今回は偶然、YOUTUBEで見つけた。中国語字幕だから、ストーリーが100%わかったとは言い難いが、大体は理解できる。興味がある人、下をクリック。

ストーリーは韓国、中国、日本、いや沖縄女性の慰安婦が、満州の慰安所で過酷な運命を共にすることで、意外な方向に発展していく。主人公が、日本人慰安婦であるのも予想外。
 
 
The Last Comfort Women
 
 
 
 

独立記念に花火なし!

July 4 fireworks, live bands cancelled at US bases in Japan.
 
In this July 4, 2012 file photo, fireworks burst over Yokota Air Base, Japan during "Celebrate America." Officials said U.S. military isntallations in Japan will not have firework displays or band performances in upcoming Independence Day celebrations "demonstrate solidarity and our unwavering respect" for Rina Shimabukuro, the slain 20-year-old Okinawan woman allegedly raped and murdered by Kenneth Franklin Gadson.  <br>





Yasuo Osakabe/U.S. Air Force
 
 
7月4日は米独立記念日。この日にもっとも近いのは、フランスの革命記念日=7月14日、だと私は思うが、日本でいえば、盆踊りの日があたっているようだ。つまり、一年に一度の盆踊りをキャンセル、というのだから、その意味は重大。あの、昭和天皇の逝去の時の記憶を、まだ憶えている人がいるのだろうか?
 
独立記念日、Independence Day、とは1772年に、米議会が独立宣言を採択した記念日で、昼はバーベキュー、夜は近くに花火を見に行くのが過ごし方のステレオタイプとなっているようだが、私も家族ずれであちこちの花火を見に行った思い出がある。 あちこち、というのは、引っ越しの度に違った場所に、という意味です。
 
つい6月23日に、日本駐留米軍の総司令官が、フェイスブックで、来る独立記念日には、恒例であった夜の花火と、コンサートの全面中止を宣言した。しかし、毎年のオープンハウス、ゲームなどはやるそうだから、興味があれば、米軍基地内を見に行くのもおもしろいかも知れない。日にちは事前に確かめてください。
コンサートでは、嘉手納基地では、あのAsherの公演が予定されていたのだが、それもおじゃんに。
この独立記念日自粛の目的は、若くして殺された沖縄女性犠牲者の喪に在日米軍も共に服する為だそうだ。
下の写真は、沖縄で海軍下士官が酔っ払い交通事故を起こした直後に行われた、横須賀海軍基地内スーパーでのビール売り場閉鎖。これだけを楽しみにクソ職場を耐えている米海軍兵士達、彼らのショックはいかほどか? 
 
A beer aisle is blocked off at the Navy Exchange at Yokosuka Naval Base, Japan, Monday, June 6, 2016. Sailors in Japan are barred until further notice from non-essential, off-base activities and banned from drinking alcohol, Navy officials announced Monday following a recent spate of high-profile arrests of servicemembers and civilians.
<br>

Tyler Hlavac/Stars and Stripes
上は、犠牲者の写真を掲げる抗議女性。。足元のプラカードに注目。20才の女性が海兵隊に殺された、と。英語はOKだが、事実よりは政治が先行、ということだ。
 
非常に残念に思えるのは、犯人には公正な裁判を受ける権利がある、という法治国家の原則をすっかり忘れているということ。自供や供述から捜査の都合のよい内容を漏らす警察側、犯人は有罪と決めつける怒れる大衆(群衆リンチとどこが違う?)、いったいどうやって公正な裁判がなされるのか?