chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

"R" はフランス語の命!?

新年の決意としてフランス語に再び取り組むことにしました。

 

フランス語で話す為にはR音が通じなければ無理。しかしこのR音は日本語には存在しない。だから日本語の"ラ行"で表記されているR音は全くの別物です。

 

下の動画はシャンソンの女王様と崇められているエディット・ピアフの"Non, Je Ne Regrette rien"(=いいえ、全然後悔してない)。これは彼女の大ヒット曲の一つです。私もこの曲が大好きです。日本では"水に流して"という題で日本語の歌詞でシャンソン歌手により歌われている。

 

しかしこの曲は冒頭からこのR音の連投でやけに景気がいい。一緒に合わせて歌うとR音のいい練習になる。歌詞も外国人に易しくしかも下のは日本語字幕のおまけ付き。

 

ここで勝手ながらこの歌の拙印象ですが、過去は全部きれいに清算してきた、私だって傷ついたんだ、だから世間が何といおうがへっちゃら、それに今から新しい男と新しい私の人生を始めるんだ、といういわば"懲りない人"の宣言じゃないかと。

 

ピアフは過去のアル中と鎮痛薬の悪用がたたって47歳で亡くなってしまったのですが、最後の恋人=法的夫、は20歳。肝臓病で老いやつれた姿でこの夫とTVで仲睦まじさをみせびらかした事もあってさすがに社会的批判も浴びた。

ピアフは、彼女の男狂いは幼少時に祖母がマダムをしていた売春宿で売春婦達に可愛がられて育ち、そこの女達は誘われれば男と寝た、という環境のせいにしていたそうだ。まさに女王様の貫禄です。

 

"R"の発音の仕方ですが、YouTubeに日本語でも英語でもたくさん載っています。

 

 

 
French
English
Non, Je Ne Regrette Rien
No, I regret nothing
Non, Rien de Rien
Non, je ne R egRette Rien
Ni le bien qu'on m'a fait
Ni le mal, tout ça m'est bien égal

Non, Riende Rien
Non, je ne RegRrette Rien
C'est payé, balayé, oublié
je me fous du passé

Avec mes souveniRs
J'ai allumé le feu
Mes chagRins, mes plaisiRs
je n'ai plus besoin d'eux
Balayés les amouRs
et tout leurs tRemolos
Balayés pouR toujouRs
Je RepâRs à zéro


No, absolutely nothing
No, I regret nothing
Not the good that has been given
Not the bad, it's all the same to me

No, absolutely nothing
No, I regret nothing
It is payed, done, forgotten
I don't care about the past

With my memories
I light the fire
My pains, my pleasures
I don't need them anymore
I'm done with the loves
and all their troubles
I'm done for ever
I start over with nothing


www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=IwmKVep7Yow

テッド・クルーズの政治生命が危うい!?

今週月曜の雪から始まったテキサス寒波大騒動の煽りを喰ったのが同州上院議員テッド・クルーズ。この男の政治生命が今疑問視されている。

 

テッド・クルーズと言えば同州検事パクストンが激戦4州に対して訴訟を起こし州選挙人の投票防止目的で最高裁介入を要請した時にトランプの弁論を買って出た男。しかしその後1/6の大統領認証式/トランプクーデター  に臨んで大統領選挙結果無効をトランプの為に代弁した上院議員。

 

なおパクストンに関しては、トランプの本命は彼ではなかった事が判明した。本命はルイジアナ州検事だが、この人はトランプの要請を断った。だから作戦司令はすべてトランプから出ている。あのバカにされた起訴状はトランプの弁護士によって書かれた。

 

今回の寒波大騒動のさなか、共和党知事アボットの命令で夜間停電が2日も続いた。クルーズのみならず誰でももううんざり。そこで暖かいメキシコの観光地カンクーンへ一家総出でトンずらすることにした。しかし空港でのんびり姿がフェイスブックで流されすぐ大拡散。しかも飛行機に乗るまでヒューストン警察のエスコート付き。これが全米大ニュースとなった。

 

クルーズはこれは小学生の娘の提案で、今回は娘をカンクーンの送りに行ったと後で奇妙な口実を述べている。木曜日の朝にはヒューストンに一人でUターン。それでもフォックスTVでは今回の停電はグリーンディールとウィンドミルがテキサス電力の25%を占めているのだがそれらが凍ってしまったのが停電の原因だとあきれたウソをついた。

 

トランプ政権からの大きな負のレガシーの一つはクルーズのように政治家が平気でウソをつくということだ。

 

アボットが夜間停電を命じたのは電力の自由化で低価格を維持しようとした共和党政権の政策が裏目に出たためだ。テキサスでは夏に大量の電気を消費。とくにテキサス人は日本の家屋が少なくとも2-3個入る広さでないと満足できないようで、一年中セントラルヒーティングを使う、いや使わざるを得ない。これを可能にしているのがテキサスの電気料金の安さだ。

 

動画の冒頭は雪のテキサス。停電でアラスカの夜を過ごさなければならなかった州民の受難は4日も続いた。その間水道管が凍り付き飲料水も切れ水洗トイレは悲惨な状態に。スーパーの食料棚はスッカラカン、ガソリンも売り切れ、プロパンガスも。

とにかく気温の急降下に不意をつかれたのが真相のようだ。

 

しかしテキサスの雪などは厳冬のシカゴやニューイングランドに比べたらほんの子供だましに過ぎないのだ。

 

クルーズは、週末までカンクーンのリッツカールトンに滞在予定で隣人達に快適な環境に加わるようメッセージを送っていたのもニュースで暴露。

 

地元ヒューストンの市長は民主党。彼は州民を見捨てたクルーズの辞任を呼び掛けている。

テッド・クルーズは2018年にトランプの助けで上院議員に再選されている。もうそれ以後はトランプにアタマが上がらない。来年2022に現知事アボットが負ければクルーズも2024に負けると予想していいだろう。

 

とにかく共和党が20年も州政権を握り続けているのは腐敗のもと。テキサス州は貧困に対する戦争を宣言し、低所得高層住宅をタケノコ増設しフードスタンプを配り散らしたリンドン・ジョンソン元大統領をはじめ、テキサス女の見本そのものだったアン・リチャードソン元知事などの民主党からの卓出した人材にも事欠かなかった。

2022年に期待したい。

 

 

 

www.youtube.comwww.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=RbgCcg1AzLs

新年のㇾゾリューションはフランス語!?

2月に入り何を今更と言うべきなのだが、私はすでに一月から実行しています。

昔学生の頃外国語の一つぐらいは何とか話せるようになりたいと選んだのがフランス語でした。

 

結果としてフランス語で話せるようになった。これには自分も驚いた。

フランスで数か月暮らしたのだが、全く不自由を感じなかった。その間友人もでき、恋人にふられた。

 

C'est la vie.= セ・ラ・ヴィ、これが人生というものです。 

 

ところで今日ネット上ではフランス映画や昔好きだったフレンチポップスがアクセスし放題。しかしそれらを聞いても私には分かるようで分からない。フラストレーションがたまってしまった。そこで今年こそはとフランス語を再勉強するつもりになった。教材としてYouTubeの"French in Action”をレッスン2から52までおさらいすることにしたのだが、現在レッスン32まで進んでしまった。しかし理解度は今いち。だが気にしない。このまま一挙に52まで進むつもりだ。

 

実は十数年前、フランス語よもう一度、と地元のコミカレで初等フランス語を取ったのだが、この時使った教材動画が上だった。この教材は1980年代にイェール大学で開発され、米で非常に人気があった。

 

Amazonで動画と一緒に使うワークブックを探すと、今でも新本が売られていた。私はレッスン25までのワークブックをすでに持っている。ここまでが初級だそうでこのコースはかなりきつい。コミカレはレバノン人の教師だったが英語で文法を説明し学生に英語で質問していた。

 

下はレッスン2。約30分だがフランス語だけ使っている。アタマをフランス語に切り替える為にこれは大変重要です。52全部YouTubeに掲載されてますから、頑張ってやってみて結果に期待しましょう。なおレッスン1は英語のオリエンテーションです。

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=E617oigCdOY&t=303s

 

トランプに対する2度目の弾劾裁判がスタート!?

今日は2/9/2021。コロナの死者総数は46.5万人に達した。しかし日々の感染者数が減ってきている。いいニュースだ。

ワクチン💉は米人口の75%、約3億人カバーを目標とし、一日約150万人近くが接種を受けている。目標は毎日200万人。

 

今日で1回のみが3290万人、2回目完了者は980万人と報告されている。このペースだと秋までには目標達成。しかしワクチンの生産量に問題があり、尻切れトンボになる恐れも出てきている。

 

バイデン政権はワクチン接種で集団免疫を構築しようというのだが、トランプは感染の意図的拡大で集団免疫を構築しようと計画した。トランプはコロナ感染は弱者の証拠で強者は感染を恐れないと主張。しかし本人が感染し民間では手に入らない高価な抗体ミックスを緊急輸血され回復したと大吹聴。米市民に無料で配布などと大ぼらをこいていた。今思い出しても不快だ。

 

ところで今日からそのトランプに対する2度目の弾劾裁判がスタート!。

下院で弾劾決議がなされたが、最高裁長官はトランプはすでに大統領でないという理由で裁判長となることを辞退。それを理由にこの弾劾は違憲というのがトランプ弁護士団の主張。

しかし1876年、南北戦後のユリシーズ・グラント大統領政権下、汚職で辞職した当時の戦争局(=国防省)長官は議会で弾劾裁判にかけられた。だからトランプのケースを違憲とは言えないかも知れない。その後無罪になったので違憲か合憲かは問題にされていない。

 

今回のトランプ弾劾は1876年と同じく無罪になると予想されるので別に問題はない。仮に上院出席者の2/3の賛同を得て有罪になったとしても最高裁では違憲だという苦情を受け付けないだろう。トランプはすでに選挙で罷免されているから、最高裁の入り込む余地がない。

 

しかし全米から動員したMAGA衆を扇動しクーデターを起こさせたトランプの政治責任の追及とトランプが共和党組織を握っているという点からこの弾劾裁判は非常に重要である。特に2022の中間選挙の前哨戦としての影響が注目されている。民主党の狙いは共和党の弱体化であり一方のトランプは非トランプ候補の完全パージで共和党の乗っ取りを図り2022に正統共和党として選挙に向き合うつもりのようだ。

 

非トランプ共和党員の統制処分は共和党内の底辺の闇の中ですでに始まっている。

しかし2022にはテキサス州で前大統領候補だったオルローク候補が民主党から知事候補として担ぎ出される事がウワサとなっている。選挙面では2022は面白い方向へ向かっていくようだ。

 

下は弾劾初日に上院で証拠として出された一月6日の議事堂選挙の動画です。当然検事側(=民主党議員で構成)に有利に編集されているのをご了承下さい。CCで英字幕がでます。

 

冒頭でトランプは、選挙は私の大勝、我々はこれから議事堂まで行くぞ!私も一緒に歩くぞ!とアジっているが、大ウソだった。この議事堂への行進は無許可だったいう報道も流れている。トランプ一家は演台のそばの仮設テントで議事堂に押し寄せたMAGA衆をモニターで確認、手を叩き躍り上がって大喜び。これも他の動画で流されている。

 

下の動画の中でトランプのアジと同時に議事堂への先導者達が都合よく現れていることからすでに計画されていたようだ。MAGA衆は議事堂で暴徒化。しかし非常に手際がよかった。

 

一方その時議事堂内では各州選挙人投票の結果確認がペンスの入場でスタートしようとしていた。

議事堂の外側では、"ファッキンちんぽこ!、オカマ!”と暴徒の面々は遭遇した国会警察官に汚い罵声を浴びせている。

 

”人数では俺らがはるかにお前らに勝ってるんだ、ファッキン豚共!道を開けろ”と暴徒が叫んでいる。

 

再びトランプのアジ場面が登場:(大統領は)憲法により国を守る義務がある、選挙で不正をされて負けたのなら、別の方法で国を守ることが許されているのだ!勇気をもってしなければならない事をするべきだ!我々は戦う!死に物狂いで戦う!そうしないと我が国は滅びる!www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=ybzgRN5ZxfI&t=79s

 

今日コロナワクチン💉をした

今日は2月4日。コロナによる米の総死者数は45万人を超えました。米人口は世界の4%と推計されているが、コロナによる死者は世界の25%となっている。

2日前に拙市から連絡がありアポを取って今日コロナワクチン💉をして帰宅したところです。場所は拙市の主要病院の一つでした。これは接種の第二ウェーブです。

トランプ政権のコロナ対策本部はワクチンは2000万人分確保と公表していたが事実は半分しかなかったのが就任式後に発覚。ワクチンは2回💉なので一時はまず一回目の💉だけをできるだけ多くの人にするべきだ、という議論も出ていたくらいでした。しかしこれはCDCのファウチ博士が医療の指示に従うべきという意見を述べ実行されなかった。


私が行った病院は私立です。パーキングが満杯で20分かかって空きをやっと見つけました。その後は10分とかからなかった。💉の直前に、この病院には責任がないという事にサインして下さい、と大声で言われました。私のはPhizer社製ですが💉後に問題が結構あるようです。めまいとか心臓痛とかが頻繁に報告されている。このワクチンで死者も出ている。その一人はコロナ患者の治療にあたっていたICUの医者。

 

💉直後に血液内の血小板の数値が激減、0にまで達してしまった。こうなると体内血管のあちこちから出血がはじまるのだが、脳内血管から出血という最悪のシナリオが現実となって数時間で亡くなったと報道された。ただし、この血小板異常がワクチン接種とどのように関連しているのかどうかは明らかではない。

 

拙愚娘は減量手術の後に訪れた大学病院クリニックでコロナワクチン💉をされたが、その後頭痛がするといつものごとく文句三昧。ところで手術後2週間で約10Kgの減量となりました。

 

バイデン政権はトランプのコロナ対策本部の内幕捜査に着手している。トランプはコロナ対策を妨害し死者増加に大きく貢献した。その中の大多数は死ななくてもよかったはずだ。

 

 

トランプ、司法省乗っ取りを図る!?

今日は1月25日。米コロナ死者数は42万人を超えてしまいました。

拙愚娘が去年からコロナのせいで延期に延期を重ねていた減量手術を1週間前についに実行。手術直前にコロナ感染テストをした結果はネガティブでした。

 

今米ではコロナによる死者が毎日3千から4千人出ている。

感染していないとどうも危機感覚がわかないというのも事実だ。ワクチン接種が予定よりひどく遅れているので、この先の米国の運命はまだ不明。

 

バイデン政権は大統領選直後の11月5日にコロナ対策本部を設置し、医学に従い正面から医療対策に取り組む姿勢を示し正確な情報を流している。その為米国内のバイデン政権支持率は少なくとも60%を超え好調である。

 

拙者のような普通人には政治は11月3日の大統領選で終わった。だがトランプの往生際が異様であり、この先まだまだトランプ余震は続く見込み。

 

あの1月6日のクーデター未遂の陰で、共和党全国大会がフロリダでひっそりと開催。トランプヨイショのオツムのおかしい委員長が再び担ぎ上げされ、再選。大統領選で大敗北を喫した党としては考えられないことだ。これは各州の共和党がトランプにしっかり握られていることを示している。組織を握ることは選挙資金を握ることであるから、トランプがこの共和党掌握を武器にすることは間違いない。今から2年後の中間選挙でトランプ議員が消えてなくなるまで騒ぎは収まらないだろう。いや4年はかかるだろう。それまで果たして共和党が一党として存在しているだろうか?と疑問を投げかける政治コメンテーターが続出している。

 

下の動画はトランプ弾劾と同時に政治ニュースとなった司法省乗っ取り事件を分かりやすくまとめたもの。この特ダネをものにしたNYタイムズとCNNが共同で動画にし分かりやすく解説している。しかし事実はかなり込み入っている。

 

トランプは1月6日逆転を目標にジョージア州をターゲットにして知事に選挙結果を取り消させる陰謀を図った。それはテキサスのパクストン州検事による逆転4州の選挙人投票緊急停止を求める起訴状が原告の資格なしという理由で最高裁から相手にされなかったことに関連している。しかし今回も、司法省が不正選挙捜査を行い、それを理由に最高裁に緊急停止命令を求めれば最高裁も取り上げざるを得ない、そうすればトランプ派の最高裁判事達が自分に有利な判断を出す、というトランプに都合のよい妄想に沿ったものである事に変わりない。

 

しかしかってトランプの犬だったバー司法長官は、選挙結果に影響を与える大規模な不正はない、と主張しトランプの謀略を邪魔した。バーは13日に辞任を発表、23日のクリスマス前に予定通り辞任。その直後トランプは臨時司法長官となったローゼン氏に、ドミニオンが絡んだ不正選挙捜査の特別検察官任命を要請した。

 

ローゼン氏は、司法省では捜査済みである、モラーのような特別検察官の任命は法的理由がない、という理由で断った。トランプ側は不正に関わっていないので特別検察官を任命する法的必要性がない。そこでトランプはローゼン臨時長官の下の弁護士官僚であるクラーク氏を通して、この男が自ら作成したジョージア州知事宛ての手紙に署名するように要求。この手紙には、司法省がジョージア州選挙の不正疑惑を捜査中でありバイデン勝利認定をただちに打ち消すように、という内容だったとNYタイムズは伝えている。

このウソを主題とする司法省書簡の署名をローゼン臨時司法長官は拒否。クラーク氏はその時、それならトランプに直接報告する、と脅し文句で答えた。

 

しかしその間に起きたのが例の悪名高いトランプのジョージア州内務長官に対する脅迫電話だった。電話内容が翌日の3日に公開されるやいなやトランプが任命したジョージア州地区の韓国系連邦検事が理由もなく即辞任し、大変話題となった。

 

ところでトランプの一方的な脅迫電話を聞いた私達視聴者は、この電話の背景は一体何なんだ?といぶかった。これが真相のようだ。

クラーク氏は1月3日の午後、ローゼン氏を罷免し自分が司法長官となる、ローゼン氏は長官代理として司法省に残っても構わない、とローゼン氏にトランプの意向を申し渡した。ローゼン長官には超驚きのメッセージだった。

しかしその同じ土曜日の夜、前日の脅迫電話の録音がワシントンポストにより公開されてしまった。この録音は国内でネガティブな大反響を呼び起こした。法曹界からはトランプの犯罪性が指摘された。

 

翌日ローゼン氏と副長官、トランプ、大統領顧問弁護士が数時間もかけて会談した。トランプが録音公開で非難の嵐にさらされた事態に勇気ずけられ、司法省トップ全員がローゼン氏が罷免されれば彼らも辞職するという手筈になっていた。トランプはローゼン臨時長官を罷免する意思が固かった。しかしそうなると司法省トップが皆辞任してしまうことになり、司法省の事実上の崩壊だ。大統領顧問弁護士に強く諫められローゼン臨時長官は罷免を逃れた。ここでも挫折し、トランプの怒りはさらにエスカレート。事実上のクーデターに走ったとメディアは想定している。

 

上のクラーク氏は、レイプを否定し事実歪曲名誉棄損で起訴されたトランプに関して、大統領なので起訴できない、と司法省から口をはさんだ張本人、とNYタイムズが報道している。しかし裁判所は、民事なので原告が現大統領を起訴できる、と判断。それで米法曹界から、司法省はトランプの個人弁護士の集まりではない、と大批判を浴びたが、トランプにとってはクラーク氏はこの上ない便利男に間違いない。起訴した女性はDNAが付着したドレスを今も証拠として所持していると報道されている。  

 

このクラーク氏は事件直後に辞任した。その次のトランプの謀略が1月6日のMAGA暴徒による議事堂乱入である。上の司法省乗っ取り陰謀は上院の弾劾裁判で証人喚問が行われると予想されている。一方クラーク氏は職務に沿って行動したので違法行為ではない、と声明を出している。これに関して司法省監査官の調査報告が公表される予定だ。

  

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=Iro0mYRimAs

トランプ、ホワイトハウスから強制退去!?

月20日、トランプのアメリカがついに The End 。

トランプは朝8時過ぎにホワイトハウスを出た。実質上"EVICTION"(法的強制退去)。本人は引っ越したくないが法が許さない、というわけです。

その為にクーデターを扇動したが、わずか一分の差でペンスやペロシなどの米議会の大物にするりと逃げられ、血祭りに失敗。これがトランプのクーの真相だ。

 

その後側近に強く諫められ、議事堂乱入者は厳しく罰せよ、と原稿を読んだのが、まるで人質ビデオと、メディアからひどくバカにされた。

 

ホワイトハウスから大統領専用ヘリでアンドリュー基地に飛び、大統領専用機エアフォース#1でフロリダへ向かったのだが、その前に家族や側近達を前にして最後のスピーチ。これがこれまでで参加者の一番少ないミニ・ミニ・トランプラリーとなりました。

 

ところでトランプ側は前もって大統領退任式?は軍楽隊の演奏、兵士の大統領謁見パレード、軍戦闘機の頭上飛行を予定している、と発表。その言葉通りに実際可能な限りの参加者をつのった。しかし皆参加を避けたのは明らか。

 

下がその時のトランプ最後のスピーチ動画。

 

最初から最後まで自画自賛のウソのかたまり。しかし今回のは前の人質ビデオとは大違い、日本のトランプカルトが褒めたたえる"トランプ節"です。つまり原稿を無視したアドリブだがトランプの使うボキャブラリーは常に小学生程度。だから政界やメディアをはじめインテリ層にはかえって内容の意味が取れない。これがトランプ演説の特色でした。

 

メラニア夫人もマイクの前で最後の挨拶。彼女のもアドリブだそうだが、アクセントが強い。しかし大統領夫人としてはジャッキー以来の超美人。ファッションショーのモデルのように聴衆の目を楽しませてくれた。

 

トランプのスピーチの中のcovid-19を指す" Chinavirus"(中国ウィルス)に注目。トランプラリーで必ず繰り返される語だ。正しい言い方は"China"ではなく"Chinese"のはずだが、東洋人侮蔑を含んだ口語の"Chinaman"(=チャイナマン)から故意に借用したトランプによる造語だ。

 

彼のおかげで東洋系米国人は、本国に帰れ、と至る所で罵声を浴び、いやがらせや暴力行為の的となった。日本のネトウヨ衆は"ざまを見ろ、中国人!"という気持ちになって有頂天だが、トランプカルトの白人には中国と日本の違いは全くない。

 

もしコロナ感染がヨーロッパやカナダで発生したら、国の名をつけては呼ばない。

 

最後に、トランプは将来必ずカムバックする、と予想を述べているのだが、これが2024の再選だとすればまず非現実的。4年後彼は78歳。生きているかどうかも疑問に思える。

しかし今年中のカムバックは裁判所だ。トランプはトランプカルトから巻き上げた約200億円を持ち逃げした状態。この金でこれまで通り裁判を買うつもりだ。これだけの金があればペンスに赦免を請う必要はない、と判断したと見るべきだ。法の正義を求める多くがトランプは刑務所にカムバックすることを期待している。

 

見捨てられたのは議事堂の乱入者達。あのバッファローマンは乱入者全員を赦免して欲しいとトランプに懇願していたが、全く無視された。 

 

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=Jssv6SZI7g0

下の動画はトランプラリーで好んで流されたビレッジピープルの"YMCA Young man"に合わせてトランプが踊っているシーン。

今回もトランプが最後のスピーチを終えるやいなや、スピーカーでこの曲が流された。

 

ビレッジピープルは70年代後半に次々と大ヒットを飛ばした米国初の"LGBT"グループ。当時米の各都市にあったキリスト教団体の低料金簡易ホテル「YMCA」に集まって、おいしいものでも食べ体を洗い若者同士で楽しい時を過ごそう!?という何やらいかがわしい意味を含んだ歌詞で大ヒットとなった。

 

この懐かしのメロディーはトランプの青春時代と重なっているらしく彼にとってノスタルジアを誘う曲なのだろうが、かなり滑稽だ。

 

しかしこれでよく南部福音教会の推薦が得られたものだ、というのが拙印象です。日本でもある有名な福音派がトランプカルトに取り込まれている。

 

しかし心配するには及ばない。イエスは、私は正しい人よりも罪人を招く為に来た、と"マタイによる福音書9章"で述べている。

 

www.youtube.com

下はバイデン大統領就任式での"Amazing Grace"。歌っているのは米国の国民的カントリーシンガー、ガース・ブルックス。

 

Praise the Lord ! 

The American people have spoken !

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=r2J-5zF6UvY