chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

トランプ、不正選挙の🤥嘘が暴かれた!

前日金曜日、9月24日にアリゾナ大統領選の監査結果が発表。このレポートは今ネットで公開されている。

監査したのは、" Cyber Ninjas" (= サイバー忍者団)という面白い名のついた組織。この組織の代表はQアノンの支持者でもある。だからこの監査自体も最初からおかしい。

 

このレポートは前日の木曜日の夜に内容がすでにリークされた。それを知ってか知らずか、トランプはその直前に彼の資金集め団体" Save America" Eメールで、"アリゾナの不正は重大で証拠が暴かれた"と支持者に通知していた。しかし監査結果は正反対だったので、バイデン側は笑いが止まらない。

 

そもそもトランプとアリゾナ州との因縁は去年の11月3日の大統領選の投票日にさかのぼる。

その日の夜遅く、フォックスニュースが激戦州アリゾナでのバイデンの勝利を単独で確定してしまった。それまでフォックスを盟友だと信じてきたトランプは激怒した。しかし、それにもめげず、何と彼は翌日の早朝2時に、全米TVで大統領選勝利宣言をしたのだ。もちろん勝ったという証拠はその時点ではあるわけがない。その時ホワイトハウスでは勝利パーティーの真っ最中だった。4年前のヒラリーと状況は似たり寄ったり。

 

事実はアリゾナ州では得票率ではバイデン49.4%、トランプ49.1%、その差は僅か1万500票だった。当然数え直しも行われた。だが結果はほぼ変わらなかった。しかしアリゾナ州共和党は別の大統領選挙人を選んだり、トランプ自らもバイデンが勝者と認める署名直前に当の共和党知事にセルフォーンをしかけるなど、妨害工作に出たが失敗。

 

今回のマリコパ郡の監査は今年の4月からスタート。マリコパ郡は州都フェニックスを含み、アリゾナ州投票人口の約2/3が集中していた。ここではバイデンが約4万5000票の差で勝利していた。

この監査はアリゾナ州上院多数党の共和党から要請された。総費用は約5億円、頭金のみが州の税金で払われ、大部分はトランプ側からの寄金だと報道されている。しかし、この監査で投票マシーンをすべて買い替えなくてはならなくなり、アリゾナ州は約3億円を払うはめに。その為にムダ金を使ったと地元共和党からも反対の声が日増しに大きくなっていたところだった。

 

監査の結論は、マリコパ郡の票の数え方は通常の仕方を守っている、その過程で選挙の結果を変える不正は全くなかった、となっている。だからトランプやQアノンが唱えた陰謀に基ずく機械操作もなかったことになる。この結論は法的であり、これが虚偽であれば犯罪起訴の対象となる。

 

この監査でも手で票が数えられている。こちらでは、バイデンは99票増し、トランプは261票減だから、トランプ側に不正をする人がかなりいたのかも知れないが、数としては小さすぎて結果に影響なし。

トランプはアリゾナの結果公表に先じて同じ様式の投票監査をテキサス州に命じている。テキサス州はこれを受けて即刻監査を実施すると発表。

 

これではトランプは米の"闇の大統領"だ。二人の大統領が出たのは南北戦争以来で、さすがに市民も驚きの声を隠せない。

 

しかし、下院の調査会ではトランプの国家反逆罪疑惑が焦点となっている。

姪のメリートランプが言っているように、トランプを取り囲む壁がだんだん縮まってきているのかどうか、この先が勝負のようです。

トランプ、訴訟相手の姪に"敗残者"とこき下ろされる!?

今週のトランプニュースにはトランプが、姪のメリー・トランプ、2018年にトランプ父子の遺産相続特集を出したNYT (=New York Times)、とこの記事で見事2019年ピュリッツァー賞に輝いた当時の記者三人を名指しで訴えた、というのがあります。

 

しかしまだ今週は終わっていないのです。

 

さて、今週の火曜日の9月21日に裁判所に提出された訴状は26ページ。すでにネットで公開中。その訴状によると、この訴訟の理由は、早世したトランプの長兄の遺児として姪のメリーと弟が1999年に亡くなったトランプの父の相続に異議を唱えた遺産相続騒動で最終的に皆が合意した秘密保全事項(non-disclosure agreement)を破ってしまったことにつきる。

 

姪のメリー・トランプは2020年の大統領選の4か月前に"Too Much and Never Enough" (=邦訳"世界でもっとも危険な男"?)という反トランプ伝記を発刊しようとした。この本には注文が殺到し発行前からベストセラーになっていた。

 

それだけではなく、このトランプの姪は2001年の相続合意に関連する法的書類を2017年にNYタイムスにそっくり手渡していた。NYタイムズは18か月かけてこの膨大な遺産書類を解読しそれをネタにトランプの遺産相続と税金を払わないやり方についての特集を組み、トランプの評判に損害を与え、一方のNYTは株が上昇するほどトランプをだしにして儲けた、と訴状で非難。

しかもNYタイムズのネタバレは、姪のメリートランプが本で暴露。トランプの口惜しさはいかほどのものであったか!この姪の辣腕ぶりも凄い。

 

訴状では、トランプは秘密保全事項を悪意で破ったとメリーを非難。損害賠償というよりむしろ約束を破った罰として、ポッキリ100万ドル(=109億円相当)と訴訟費用全額弁償及び利子を請求している。

 

ところがこの訴訟は、去年2020年のメリー・トランプの本の出版直前に出された出版阻止訴訟の全くの繰り返し。訴訟手続きをしたのは、同じNY州ダッチェス郡の州高裁。

ただ違うのは、この時の訴え人はトランプ本人ではなく、トランプの弟でメリーの叔父のロバート・トランプであった。彼はその後亡くなっている。その時訴えられたのは、メリーと彼女の本の出版社のサイモン&シュースター。

 

この時、トランプが現職大統領であり、数か月後に選挙を控えていたところから、米憲法修正第一条の報道の自由が判決に持ち出された。これははじめから予想された動きだった。判決状では、大統領に関する情報公開を抑制する力は政府(つまり法)にはない、というわけで出版社には本の出版の自由が認められた。著者に関しても政治的公人の情報公開の自由が個人契約より優先する事が認められ、それまでの仮の出版禁止命令が解かれた。

ただし今回のトランプの訴状には去年の敗訴に関しては一切触れられていない。

 

だから今回のもトランプの嫌がらせ訴訟で、勝つみこみなし、と法曹界は笑っている。

彼の異常性格から来るドをこした復讐心がこの訴訟の動機だ、とまで言われている。

 

下の動画はトランプの訴訟のニュース。

ここでの、"トランプは"ルーザー"!今や、やけくそになって壁にものを投げつけ何がひっつくか探している!"というトランプの姪の反撃コメントが大拡散。

"ルーザー"とはズバリ敗者の意。

 

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=oH--7aR_GAw

 

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=6eDo63DG5-0

 

 

 

 

トランプの狂気と参謀総長の反逆罪!?

今週しょっぱなの大きなニュースは来週発売予定のボブ・ウッドワードとWaPost のコスタ記者の共著による"Peril " からのいくつかの抜粋です。

 

Peril

Peril

Amazon

著者ウッドワードについては日本でも非常によく知られている。トランプ関係では前作に、”Fear"2018 , "Rage"2021, があります。両方の日本語訳も出ている。

私は"Fear"を読みましたが非常に読みやすく、すーと内容に入っていけました。やはりベストセラーは違う。

 

前の2作とは違い、今回の第3作目は怒ったトランプから直接取材を全く拒否されている。ニュースになったのはそれらの抜粋の一つで、マーク・ミリー米軍統合参謀総長の2回に渡る李中国軍参謀長への電話内容だ。一回は大統領選挙の4日前の10月30日。こちらの内容は中国側がトランプの反中国的レトリック及び南シナ海での軍事大演習で神経ピリピリになっている、というインテリ情報が理由だそうだ。中国側の緊張をほぐす目的で中国側もこれで納得した、となっている。

 

2番目は、今年1月8日で、ペロシ下院議長やCIA長官とのコラボとなっている。中国側はこの時、トランプによる政権転覆の可能性を信じており、中国奇襲攻撃が政権維持という彼の目的に利用されるのはないかという疑惑を深めていた。抜粋の一つには退任前にアフガニスタン撤退を計画していたというのもあるのだ。前日1月6日に危うく難を逃れたペロシ下院議長は早くからトランプの精神異常を確信しているが、抜粋ではミリーもその一人となっている。ミリー参謀長は電話で通訳を通してとはいえ一時間半も掛かって中国側を納得させた。

しかしそれだけではなかった。ミリーは配下の軍上層部を招集し、大統領の直接核攻撃命令は軍トップのミリーが知らなければならないという事を参加者に確認させた、となっている。

 

これを知ったトランプは、ミリーは"国家反逆罪"を犯した、と素早くやり返し、追従者達が後に続いた。反逆罪(=treason)に該当はしないが、大統領の決定に軍人が介入したというので少なくとも辞任するべき、という意見も出ている。

 

反逆罪は米憲法3条に規定されている。

2種類あり、一つは戦争中の敵国に違法に便宜を図る、であるが、米と中国は交戦中ではないので、これは該当しない。

もう一つは、国内である集団が憲法の実施を阻む目的で行動する事とある。行動の種類は必ずしも暴力行為のみに限られてはいない。単なる反対表現でも該当。

そうなると後者はミリーよりもむしろ1月6日のトランプのクーデターに該当しそうだ。トランプのような米国憲法破壊=選挙による政府の平和的移行、を目的とする独裁者は司法省に一刻も早くクーデター容疑で逮捕して貰いたい、というのが今や市民多数の本音である。

 

来る土曜日にトランプは首都ワシントンDCで一月6日の暴徒逮捕に抗議する大集会を計画。それと、ワシントンに来れない彼の支持者達に現地抗議集会をするよう呼び掛けている。

 

トランプは来年の中間選挙に向け、自分の息のかかった候補のみ共和党のプライマリーで勝たせるというフィルター作戦を進行中。だからトランプに100%賛成しない候補はプライマリーで反対候補を立てられ、共和党内では承認されないという、これが米国とは全く信じられない状況となっている。今、米国は1861年の内戦以来の民主主義崩壊の危機にある、と言っても決して大袈裟ではない。

 

お邪魔しますのタリバン虫!? 

下の動画では、逃亡したアフガン軍閥の首領の住居を占拠したタリバン戦闘員のリーダーが、家の中を案内している。まるで売り家を案内する不動産屋のようだ、というのでユーチューブで結構評判になっていた。

 

まず冒頭、このリーダーが常に身に付けている自動小銃を見せびらかしていた。リーダーの名、ファリヤビの名が書かれているのだそうだ。眠る時も決して身から銃を離さない。これは私の友人と全く同じ。

 

それに、AK-47、ロケット弾等の様々な攻撃用武器を過去に使いこなした、と豪語する彼の顔はプライドに満ちている。

この屋敷内には透明なドームで覆われた内庭がある。その中はさまざまな植物が生い茂り、ちょっとしたオアシスだ。いわばアフガンのエデンの園。

 

次は豪華なシャンデリアの応接室。敷き詰められたカーペットとアンティークを模した欧州風ソファが高価そうだ。それから人々が集まる場だったらしく、いくつものソファが並べて置かれている広いスペース。

ここで、案内役のリーダーは、この家の持ち主は"悪魔"だと宣言。

持ち主はアフガニスタンの人々の血でこの屋敷を立てた、その間人々はずっと飢えに苦しんでいたんだ。

 

次は、壁画のある階上のギャラリーだが馬の像や写真がいたるところに飾られているところから、この持ち主はよほど馬が好きだったようだ、と紹介。

その次、ビリヤード室、そしてウェット・バー(=ドリンクバー)で、クリスタル類を見せているが、ワイングラスを出して不思議なものがある、とつぶやいている。イスラム教徒だからワインは飲んだ事もないのだろう。

次はタイル張のプールにサウナ、トルコ式のスチーム室。

 

私は都市に住んだが、こんな場所は生まれて初めて見た、とリーダーは率直に驚いた様子。次はスポーツ器具室。そこにはマッサージ機も。

 

私達が見たいのはアッラーのパラダイスでこういうのには全く関係ない、とリーダーはかなり怒っている。

 

アッラーのパラダイスには彼の為に百人の処女がお待ちかねだが、ここには全くそういう気配なし。替わりに150人のむさい男達が寝泊まりしているのだ。そりゃアッラーの方がいいに決まっている。

 

最後の方で、リーダーが聴診器をおもちゃにして仲間同士とじゃれているが、少年のように無邪気そのもの。

 

この動画のコメントのほとんどが、この持ち主のようなアフガン政府要人の腐敗ぶりに憤慨し、タラバンが正しかった、と書いていた。

 

こーゆー人達は本物のアラブの王族や金持ちの暮らしぶりを知っているのか知らないのか?

例えばUAEのドバイの居住民の10%のみが国民で手厚い社会福祉の恩恵を受けている。しかしあの空中ホテルや近代的都市はパキスタンやインドからのどん底賃金タコ部屋労働で作られ、ドバイ首長のケチぶりは有名になった。今も昔も不公平は世界に満ち溢れているのだ。

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=8dCuSBJtZlk

 

日本初の女性総理が誕生か!?  

日本で初めての女性総理が誕生するかも知れない、と言うので今世界の目は日本に注がれている。日本は、75年前の先の戦争で"従軍"慰安婦制度を生み出し、経済先進国でありながら女性の社会進出がダントツに遅れている国と評価認識されている。

しかし、女性総理が出ると国か変わるというのが国際的コンセンサス。それで非常に興味を持って高市早苗さんの会見を聴きました。いやはや驚きました。文句無しのタカ派です。

 

彼女の売り物は何と言っても国防。しかし、日本の軍事力には、兵員数とロジスティックスに大きな限界がある。これも75年前と同じだが人口減少と経済悪化で戦争は無理。だから米国の太平洋の防波堤の参加国となるより方法はない。こういった現実はオミット。

 

この地域集団安保の目的は民主主義と自由経済圏を守るということなのですが、彼女は日本の主権=シンボル天皇制の維持と理解している。

 

この国防政策では当然米国とは友好的外交関係を必要とするが、隣国韓国や中国とも経済優先をかかげてうまくやっていく事が賢いやり方であることはいうまでもない。

 

日本が一度武力衝突に巻き込まれると経済的大打撃はまぬがれない。これは素人でも理解できる。しかし、高市さん、安倍さんのアタマは歴史を歪曲した結果として、大日本帝国の栄光に包まれている。だが中国や北朝鮮が見ているのは、過去の負けぶりから見える弱みなのだがそういう事は認識外のようだ。

 

ところで彼女のタカ派国防の見解は最後頃に出してきているが、冒頭から細か過ぎる超マイクロ指針を数えきれないくらい持ち出している。

それに中には下の奇妙な事項も含まれている。

 

例えば病院内のテレメトリーという心臓のモニターシステムですが、これはもう20年以上も使われ、治療法の各段の進歩と共に近年はさらに拡大される傾向となっている。このシステムに他の病院からデータが混入したという事は初耳で意味不明。

 

幼児のベビーシッター代に対する減税は米国ではすでに実施され家族優先の立場から簡単にできる。高市さんの言うような減税対象のベビーシッターへのライセンス制度は存在しない。

 

実学?で外国の日本企業に学生インターン制度をさせる、とか、インフレ2%規制とか戦中の統制経済を思わせる中央政府介入の発想ぶりが目につく。

 

米での国政の焦点はコロナ対策とポストコロナの経済立て直しですが、この2点に関しては高市さんはモヤモヤ。しかも彼女の超マイクロ指針はほとんど景気回復が条件だから、あてにならない。

 

同様に彼女のかかげるミドルクラスの拡大も、かっての高度経済成長期の国民総中産階級を思い起こさせますが、日本の賃金・生活水準は準経済大国と同等かそれ以下に落ちていると見られているので当面の目標として歓迎すべきでしょうが、これも早苗のミクスで経済回復のあかつきには、と解釈していいでしょう。

 

あのフォークランド戦争で勝ったサッチャー首相が理想だそうですが、この戦争は宗主国イギリスの面子をかけた戦争と皮肉られた。この彼女が首相になれば中国が逆に尖閣いじりに打って出る事も予想され、リスク大です。

 

タカ派国防を理由として憲法改正を図るそうだが、他の2人も同じ改憲派に変わりない。だからこの際、史上初の女性総理の誕生を期待して止まない。

 

下は彼女の総裁出馬全会見の動画です。

 

 

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=xCdj61CF40E

 

 

イスラムの女性ヘイター達

アフガニスタンに戻ってきたタリバンはイスラム・カリフ国の設立を宣言。隣国のイランやISISのようなイスラムの宗教リーダーの直接支配が始まるのだ。下の拙記事は2014年、ISISの首都ラッカで起こった女性の石打刑の様子。こんなのはほんの序の口だと思った方がいい。

chuka123.hatenablog.com

下の動画はその一年後の2015年、アフガニスタン、カブールで起こった若い女性の集団リンチ。たった一人の女性が血に飢えた暴徒と化した男共によって虐殺。この女性の名はファルクンダ(Farkhunda  Marikuzada)。これも世界中を震撼させ、彼女の名はイスラムによる女性ヘイト犠牲者の代名詞になった。

 

実は被害者ファルクンダさんの亡くなった課程とか背景は、今でも報道に明確でない点があるのでご了承下さい。

 

彼女は当時27歳、未婚でカブール大学のシャリア法(=イスラム法)の学生だった。その前は女性の神学校でコーラン丸暗記を習った。彼女の希望は大学卒業後、シャリアの判事となる事だったそうだ。しかしファルクンダさんの夢は2015年3月19日にはかなく消えた、それも世にも怖ろしい形でだ。

その日、ファルクンダさんは、庶民に人気のあるイスラム殉教者ゆかりのモスクにでかけた。その日は女性の日であったからだ。そこでコーランの文句が書かれたお札を売っている男と対立。このお札の売り物は、持っていると妊娠するとか女達にいいことが起こる、となっていた。それで人気上々だったのだが、ファルクンダさんはこれは真の信仰ではなく迷信だと怒り、そこでお札を集めて火をつけた、と報道されていた。それを見たモスクの使用人が怒って"この女はアメリカ人だ、コーランを燃やした!"と叫び、たちまち集まった男達に取り囲まれた。動画では、黒色のニカブ姿の彼女はコーランを燃やしてはいない、とはっきり否定。

 

実はコーランを燃やした、と告発したモスクの使用人は、文盲だった。この後の裁判でこの使用人は死刑を宣告された。

 

すぐに彼女は暴徒にモスクから引きずり出され、地に倒れ、足蹴にされた。警官もやってきて、空砲で暴徒が怯んだ。その際の血まみれの顔のファルクンダさんの顔が無惨だ。参加した多くの男達がモバイルでその模様を拡散した。

ファルクンダさんを助けようと警官達がモスクの中庭の低い屋根に彼女を引き上げようとたが、追ってきた暴徒が長い棒で彼女を殴打し、引きずり落した。彼女は再び凄まじい暴行を受け、倒れたまま動けなくなったと思われる。その間、警察官達は傍観だ。

この警察官11人が裁判で職務怠慢として有罪となり一年の実刑を受けた。

 

どこからともなく一台の車がモスク前に到着、皆が、アッラーアクバル!と叫ぶ中で、ファルクンダの身体はこの車の前に投げ出され、轢かれ、200mほど車に引きずられ、16歳の少年が店番をしていたサングラス店の前に置き去りにされた。この少年、たちまち暴徒に参加、とがった石を投げつける興奮した姿がバイラルになった。おかげでこの少年も後に死刑判決。その後、ファルクンダは石油をかけられ火で焼かれた。その時、彼女が生きていたかどうか、誰も知らない。

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=idN_fV2Qjfk&t=923s

米軍爆死で海兵隊中佐がブチ切れた!?

先週8月26日の木曜にカブール空港のゲートで玉砕自爆が起こり、検閲中の米軍兵士13名が死亡。その中に親しくして人がいたとかで、ある海兵隊中佐が北カロライナの海兵隊基地内から怒りのフェイスブックを発信。それがバイラルになり、たちまち6400人がシェア。他のSNSにも拡散され、およそ100万人が訪問と報道するメディアも現れた。

 

何しろその動画というのが、今の軍の上層部にこの失態の責任を取れ!と迫る前代未聞のしろもの。

 

下のが話題となったその動画。まず冒頭に制服姿で名前とランクを明らかにしている。

このシェラー中佐(=O5,米軍の共通ランク)は17年間イラクとアフガニスタンの戦地と米を往復してきた海兵隊士官、と自らを紹介。

 

17年勤務だから後3年頑張れば、生涯軍務年金(=規定給の50%)と復員病院の健康保険を受け取る資格が貰えるが、もうそんな特典はどうでもいい、この際はっきり言うべきことを言う、という固い決意を動画で表明。

 

政治家、財政界、軍上層部のおかげで、この20年に兵士達は無駄死にした、責任を取れ、とマジ切れた

彼によると、今回のアフガン政府総崩れで充分持ちこたえると答えた国防長官を頂点とする軍上層部に対しての強い不満の声が一般兵士達からすでに出ており、海兵隊ではこれに対処する為上層部から、これまでの名誉と規律にそってきた海兵隊のやり方からそれるな、必要ならカウンセリングを受けよ、という手紙が1週間前に下部に通達されていた。しかし、この人は、過去に人を殺した時は私も必要だった、が今はその時じゃない、とメンヘルのカウンセリングに拒否反応。

 

しかしこの動画のせいで彼はただちに部隊の指揮官を解任された。理由は、彼には指揮官としての信頼性と能力に疑いがある、というものだ。

 

実はつい数日前に、トランプが、米軍滑走路のあった米軍基地を先に放棄してしまったのは米軍側の大きな計算違いと指摘していたのだが、この人も同じ事を動画でエコーしているところから、この中佐は英雄としてトランプ支持者達に圧倒的に支持を受けている。

 

だが、多くの軍関係者はこの中佐は軍法会議モノとコメント。というのは上層部への批判はまず直接の上官を通して行うのが軍の厳格な規則となっているからだ。それをしないで直接外部に批判をぶちまけるのは国家公務員法違反でもある。

このシェラー中佐はこの時点で辞表を出すぞ、といきまいているが、すんなり受け取って貰えれば、ラッキーだというコメントに私も同意する。少なくともランク格下げは間違いないだろう。

 

とにかく今回のアフガン撤退はアメリカ市民にはやや過剰気味なトラウマとなってしまったようだ。

 

  

www.youtube.

https://www.youtube.com/watch?v=Q3Qie2oZKW0

 

ともかく昨日、遂に米軍は撤退を完了。輸送機に乗り込む最後の米軍兵士は何と、現場の総指揮を取ったドナヒュー陸将、つまり、上の中佐の糾弾する上層部のヒト。

 

宣伝くさいぜ、ペンタゴン!

 

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=VLTUtPTGkW8