chuka's diary

万国の本の虫よ、団結せよ!

革命を目指す若者たち

「革命」を目指す若者たち 「中核派」拠点にカメラが入った 「暴力で時の政府を打ち砕く」―。 それにしても汚い。こんなところに住んでいると、皮膚や呼吸器系の感染が予想される。そこで調理し食べてるというから大腸菌感染の恐れも。公安警察よりも保健所…

私はキャサリン・ジェーン:Justice 4 All 

私がキャサリン・ジェーン・ウメザキ(=Katherine Jane Fisher)さんのレイプ事件及び、その後の日本でのレイプ被害者代表としての活躍を知ったのは、iwa*ima*u*a1949さんの6/6 付けのブログ記事、『日本の皆さんに言いたい、沖縄を見て…

私はキャサリン・ジェーン ある著名なレイプ被害者の怒り

彼女は2002年4月にレイプされた。 当時彼女は日本人男性の妻であり三人の子持ち。 容疑者は当時米海軍兵士のBloke Deans, 写真の人物 出会ったのは神奈川県横須賀基地近くのバー。 彼女によると、酒の中に薬を入れられ、気が付いたら容疑者のバンの中。…

アジア系は今

USでもっとも有名なアジア系は?と尋ねられたら、多くの人はこの人の名を挙げるに違いない。マーガレット・チョー(向かって右側、チマ・チョゴリの女性)。韓国系コメディアンである。しかしものすごい毒舌ぶり、それに彼女はバイセクシュアルと宣言した…

沖縄女性死体遺棄事件とは?

沖縄女性遺体遺棄事件の波紋は今やビッグウェーブに。 まず、日本政府はケネディ米大使を呼びつけて叱責、今回の志摩サミットを訪問中のオバマ君にもアベッチからのキツいお達し。地元沖縄では、基地撤去と声をからして叫んでいる人達がモメンタムを得ている…

プリンス追悼

『ナッシングコンペアツーユー』 ‟Nothing Compares 2 U” はこの4月22日に57才で亡くなったプリンスの作詞作曲によるもの。これがシネイド・オコナーという、アイルランド出身の無名の女性シンガーによってレコード化、当時としては一風変わったMVが世界中…

日本のファンが生んだ米の伝説的ロックバンド!チープトリック

日本のファンがアメリカの伝説的ロックバンドを生んだ。その名は 『チープトリック』 =Cheap Trick。 才能はあったが、当時は泣かず飛ばす。しかし彼らはついに大ブレイクを果たした。それもアメリカではなく、日本でだ。かの地では彼らのレコードは連続大ヒ…

『太陽の末裔』、韓ドラ大ヒット!

ある嫌韓トロルさんから以下のようなヘイトコメントを貰った。 今まで日本(朝鮮?)との約束を散々裏切っている韓国(日本?)。 嘘つきペテン師の文化の民族。 以上は間違いないですよね。笑) おかしいのは、韓国を(日本)と書き換えると、まるで反日韓国…

永遠のプリンス

MTVについに王子様が現れた。その名も‟プリンス”。 シンガー、ソングライター、ミュージシャン、プロデューサー、と一人何役もこなすマルチ・タレントぶり。プリンスの名にふさわしく、ホワイト・ブラックという人種の壁を越えた全米のアイドルになったの…

エコノミークラスシンドロームは貧乏人をバカにするネーミング

エコノミークラスシンドロームとは、貧乏人を全くバカにしたネーミングではないだろうか? この名を初めて耳にしたときは、正直言ってかなりムカついた 拙者の住んでいる米国とは違い、日本は格差社会。つまり、『上からの目線』がものを言う国。要するに、‟…

インターネット・トロル

以下は、虚構の竹島#4にカキコのネトウヨ・コメント なーんだ朝鮮の工作員のブログか。笑)お前のは日本たたきばかりだけれど工作員の朝鮮人は日本をどうしたいの?笑) Internet Internet trolls have been around since day 1 of the net. In essence I …

虚構の竹島ー5- 日韓基本協定第2条

契約は書かれた条項の厳密な意味にそう。署名者が契約内容を単に誤解して署名してしまった場合でも、署名してしまえば契約条項に従う義務を負う。内容を知らないで署名しても同様である。 日韓基本協定、1965年、は日本語、韓国語、英語で書かれている。その…

虚構の竹島ー4- 国際法廷

私達市民が訴訟を法廷に持ち込む為には、法的に適切な理由がなければならない。そのいい例は2014年のグレンデール慰安婦像訴訟である。最初の訴訟は米国連邦裁判所に提訴したのだが、おかど違いだというのであっさり門前払いをくらった。二回目の加州法廷で…

虚構の竹島 その3

前回の「虚構の竹島」でネトウヨ学者達の英語論文サイトが見つからないと書いたのだが、つい最近、 Review of Island Studies というサイトで、英訳されたいくつかの日本側プロの論文を発見した。このサイトは笹川財団のバックアップによっている。わたしに…

日本人を辱めるネトウヨ

3月16日にNYで開催された国連による女性の地位委員会NGOフォーラムでネトウヨがパネルを組んだそうだが、そのメンバーの一人、ネトウヨ歴史家・細谷清氏が日本人を辱める大暴言を言い放ち、会場を唖然! もっともこのネトウヨ・パネルにはかなりの人が…

虚構の竹島、その2

このブログは、実は、ISISに関連して人間の首写真を載せた、という口実で長期間閉鎖されていた。 今年になってこのブログの竹島記事にあるネトウヨ氏が反論コメントを書いてきた。それで再び竹島問題に再挑戦することになった。そのプロセスで知ったのは、竹…

虚構の竹島

http://www.tbsradio.jp/ss954/2016/02/20160223-1html 注意:タイプしないとコネクトできません。 中公新書『竹島』を出した池内敏名大教授が2月23日にラジオで竹島を語った。 拙ブログでも紹介したのだが、竹島とは距離的には韓国と日本のほぼ中間、しかし…

鬼郷、慰安婦自伝映画

韓国映画『鬼郷』は2月25日に韓国で初公開され、空前の大ヒットとなったそうだ。ネトウヨ側はうそつき映画といって問題をそらそうとしているが、この映画が日本と日本人にとって衝撃的イメージダウンとなることはもう明確だ。 すべての責任は安倍政権にある…

湯川遥菜さんのクビ!?

湯川遥菜さん事件はバラエティーに富むイシューを連鎖的に生み出している。以下はそれについての拙者の個人的感想である。 Youtubeに掲載された湯川遥菜さんの尋問動画をすでに見た人も多いはずだ。この中で湯川遥菜さんはISIS兵士のナイフで顔を二箇所切ら…

シリアで石打刑!?

この8月9日付けのAPニュースによって、ISIS=スンニ・イスラーム過激派占領下の北シリアのRaqqaで石打刑が執行されたことが世界に報道され、人々に大きなショックを与えた。今や世界中の人々、シリア・イラク占領下の地元住民も含めて、はISISをsavages =野…

子連れジハード!?

オーストラリアのデイリーテレグラフ、8月12日付け、による上のフォトがオーストラリア市民に大きなショックを与えている。 写真の少年が誇らしそうに持ち上げているのは、何とシリア軍兵士の首、しかも、死亡して数日後らしく肌の色も黒ずみ全体が膨張して…

ヒジャブ・デー!?

この7月30日のBBCニュースによって、内戦で国が崩壊状態にあるソマリアで一人の女性が殺された事件が世界に報道された。被害者の名はRiquiya Farah Yarow. もちろん彼女の名も事件そのものもすでも忘れられてしまっている この女性は自分の住居にしている小…

オーストラリア女性が姦通罪!?

7月24日のオーストラリアのデイリーテレグラフ紙によれば、現在レバノンで一人のオーストラリアの婦人がオーストラリア帰国を阻止されている、と伝えている。つまり国内拘束にあっているわけだ。 彼女の名はMahassen Issa. 29歳 なぜこうなってしまったのか…

旅の重さ、その2

少女は再び一人旅を続ける。しかし、そこにはもう最初の頃の一人旅の喜びはなかった。旅の重みだけがのしかかってくるのだ。そうなのだ、このあたりで旅を終えるべきなのだが少女はそれを頑なに拒否する。 このまま帰ったりしたら旅の失敗と絶望がいつまでも…

旅の重さ

"Journey into Solitude" という映画を偶然youtubeで見つけた。日本名は『旅の重さ』1972.これは40年以上も前に製作された昔の映画。ネットの映画評によると、これが不朽の名作とは言いにくいのだが忘れられない映画の一つだ、というファンが多い。 ウィキ…

パリ、ただよう花 その2

私達は違い過ぎる、別れよう、とついに花女が言出だしたところ、すっかり逆上したマチュー君は別れるくらいなら死ぬ、といって花女のアパルトマンのベランダからはるか下に向かって飛び降りようとするのである・・というように屑人間と関わると普通では考え…

パリ、ただよう花

先日YOUTUBEで面白そうな映画を見つけた。“Love and Bruises”愛と青痣、である。日本では『パリ、ただよう花』、という名で去年の12月に公開されている。 このフランス語映画は国際的に著名な中国人監督によるものだ。仏の人気男優、タハール・ラヒンと仏の…

日系弁護士協会遅ればせながら物申す

今年の2月20日に加州中部地区連邦裁判所にメイヤーブラウン法律事務所を通してグレンデール市に対する起訴状が提出された。訴状の全文は著名な法律ブログにより公開。拙者もそれを読ませてもらった一人である。 もし、ホロコースト否定者達から米のホロコー…

慰安婦訴訟:ネトウヨ弁護団の一斉退去

今年の2月20日に、カリホルニア在住の日系ネトウヨ活動家老人、目良浩一氏(81歳)とミチコ・シオタ・Gingery(90歳)という長寿コンビと“歴史の真実を求める世界連合会”=GAHT という自称NPO団体の3者が原告となり、カリホルニア州の中部地区連邦裁判所に訴…

ディーン・ラスク : 太平洋の防波堤!?

アチソン・ライン=米側の反共防衛線:原貴美江氏の記事より 1950年6月25日早朝4時、北緯38度線を越えた北朝鮮軍がタンクを先頭にソウルに向かって進撃を開始した。 その時陸軍からの緊急報告を最初に受け取った国務省担当者がラスク氏であった。米時間の6月…